興味のあるネタ釣っていってね

渓流ルアーでバラシ連発 原因は「アワセ(フッキング)」ができていないからです そうは言っても難しいんだよな…

TOSHIOMAN
WRITER
 
fishing-neta
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

アワセ(フッキング)これが100%完璧に出来たら無敵だよなどんな釣りでも 

 

これな…

デカイことを言っていますが

私もまだまだ完璧なアワセ(フッキング)

が出来るわけではありません。

長く渓流&本流ルアーをやってきましたが

それでも30%くらいでしょうかね…

「成長しね~なお前」って感じです。

 

 

渓流&本流ルアーの経験が長い方は

「くそ~!!アワセ(フッキング)が出来なかったぜ」

というように自身でわかるんですが、

経験の浅い方や渓流&本流トラウトルアーを

始めたばかりの方にはなかなかわからない

と思います。

 

 

だって本人はアワセ(フッキング)をした

つもりだと思っていますから…

 

 

こんなことを言うと

「お前に言われたくないよ!!」

なんて方もいるかもしれません。

ですが経験したので言わせて頂きます。

 

 

自分の指に#12トレブルフックを刺してしまい

外すために指の肉をフックで貫通させましたが

貫通させるのに結構な力がいりました。

 

 

ということはです。

動かない自分の指の肉をフックで貫通させる

のにも結構な力がいりますから、これが動く

魚の場合で考えるとさらに難しくなりますね。

あいだにラインとロッドが加わりますから。

 

 

そしてアワセ(フッキング)をする上で仇に

なるトラウトのルアーで使われるロッド。

 

 

繊細でしなやかなテーパーやアクションが

アワセ(フッキング)の邪魔をします。

 

 

そうは言ってもじゃあガチガチの硬いロッドで

軽量なルアーが投げられるのか?と言えば

そんなの無理に決まっています。

 

 

だから難しいんですね…

魚が掛かりアワセ(フッキング)したつもりで

ファイトし始めるとファイト中にフックが魚の

口から外れてしまう。

 

 

「魚が暴れてフックを刺した穴が広がって

外れてるんじゃないの?」

 

 

残念ながら違います。

フックが魚の口に載っている(引っかかっている)

だけなんですね。貫通していない。

 

 

凄いのは

それでも途中まで寄せてこれる

しなやかなテーパーとアクションの

トラウトルアー用のロッド。

 

 

アワセ(フッキング)の力もロッドに

吸収されているということです。

 

 

アワセ(フッキング)について解説している

サイトや動画は少ないんですが

この動画が一番わかりやすいかと思います。

 

 

動画の解説でもありましたが

アワセ(フッキング)において

竿に仕事をさせないこと。

重要ですね。

 

 

動画はバスの硬い口においての

アワセ(フッキング)についての解説

ですので身体まで使っています。

 

 

口がバスよりは硬くないトラウトの場合は

ここまでの動きは必要ないですね。

 

 

ですので渓流&本流トラウトルアーでは

しなやかなテーパーとアクションのロッドに

伸びのあるナイロンラインを使う場合は

右腕(左腕)の速く大きな動きが必要です。

(ロッドが吸収する分を含めて)

 

 

最近使う方が増えてきたPEラインの場合は

ナイロンラインの半分くらいの腕の動きで

大丈夫かと思います。

 

 

そして引きアワセですね。

これはトラウトルアーではロッドが

ULパワーのスローテーパーで

パラボリックアクションのロッド

(いわゆるベナンベナンのロッド)を

使っている(好む)方に有効ですね。

 

 

それと解説にある巻きアワセですね。

これはアワセ(フッキング)も出来ますが

アワセ(フッキング)の補助にもなります。

 

ドラグゆるゆるはダメですよ

 

ちょんと魚の口に載った(引っかかった)

フックを挿し込むような使い方ですね。

その後に掛けアワセをして追いアワセ

にする。確実に貫通させられます。

 

 

アワセ(フッキング)においては

タックルバランスも大事だと思います。

 

 

渓流ルアーを始めるのに最初のロッドで

ULパワーのロッドとナイロンラインを

勧められたり雑誌で紹介されたりしていますね。

 

 

投げやすいしラインも扱いやすい。

間違いないです。

 

 

でも個人的にアワセ(フッキング)が一番

難しい組み合わせだよなとも思っています。

 

 

実際に私はこの組み合わせで

バラシを連発して悩みました。

使用していたロッドはshimanoの

トラウトワン5.6ft ULパワーで

スローテーパーのパラボリック

アクション振り出しロッドです。

 

 

バスもやっていたので渓流は続けるか

わからないので格安ロッドを購入しました。

 

 

だんだん渓流が楽しくなってきたときに

バラシ連発サイクルにはまりました…

 

 

私の場合はロッドを買い替えました。

ULパワーは変わらずテーパーを

レギュラーテーパーのベリーアクションに。

これで少し改善しました。

掛けアワセ重視ですね。

 

 

そしてそれでも満足出来なかったので

さらに上のLパワーでファーストテーパー

のティップアクションロッドに買い替え。

さらに掛けアワセ重視です。

 

 

しかし掛けアワセ重視でロッドを選ぶと

投げづらくなるのが悩みどころになります。

 

 

バラシ連発で凹んだり悩んだりしている方は

意識してアワセの動作をやってみてください。

何回も繰り返すと無意識で出来るように

なっていきますので。

それでもダメな場合はタックルバランスを

見直してみるのもいいと思いますよ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.