興味のあるネタ釣っていってね

渓流ルアー 流用バスロッドSMITH HIROism CALYPSO ヒロ内藤さんのロッド

Avatar photo
WRITER
 
rod
この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

驚いたよ!もう出ないと思っていたからHIROismのCALYPSO 今度はSMITHと組んだんだねヒロ内藤さん HIM-C52L-SJ1

 

始まりは今はなきOFTと組んで製造が

Daiwaで作ったヒロ内藤さんのロッド。

HIROism CALYPSO

 

 

それが無くなりもう購入できないんだな

と思っていたらなんと!Daiwaがブラック

レーベルSGシリーズにこれを加えて

ラインナップにしてしまうという…

驚きでした。

 

 

そうはいってもヒロ内藤さんの名前は

まったくないし特徴的なスパイラル

ガイド仕様でもなくロッドレングスのみ

ヒロ内藤さんが好んだ長さでそのまま

トップウォーター用として再販して

きましたね。

あ!でもスモールジャークとラージ

ジャークは分けましたね。

 

 

OFTと組んで販売していたHIROism

CALYPSOは購入できなかったので

Daiwaが再販したSG 551LRBを購入

して渓流ルアーの流用ロッドとして

使ってみましたがこれはこれで悪く

はなかったです。

 

 

ただやっぱり本音はヒロ内藤さんが

プロデュースしたHIROism CALYPSO

を使ってみたかったな!

とは思っていました。

 

 

そしていつものようにゴロゴロして

You Tube動画を見ているとおすすめに

驚きの動画が表示されました。

(多分その前にSMITHの平本さんの

動画を見ていたから)

 

 

今度はヒロ内藤さんSMITHと組んで

HIROism CALYPSOを作って

いたんですね!

ロッドレングスは短くなっているとは

いえスパイラルガイド仕様の正真正銘

のHIROism CALYPSO

 

 

先に言っておきますが安いです。

OFT企画Daiwa製造のときはガイドが

AGSだったのでそれはそれは高額な

ロッドでした。

(うろ覚えですが確か6万5千円は

超えていたような??)

 

 

これが今回SMITHと組んだのでガイドは

安めのステンレスフレームSiC-Sガイドで

トップガイドのみチタンフレームSiC-S

ガイド仕様ですね。

 

 

所有欲と使い心地でいけばすべて

チタンフレームSiC-Sガイドがいいんで

しょうけど値段と相談するならばこの

くらいの仕様のほうがコスパもよくて

使っていても不満はでないレベルかと

思います。

 

 

それとロッドレングス的には必要か?

と思いましたが今回のCALYPSOは

2ピースの選択肢もあります。

スモールジャークで2機種にラージ

ジャークで2機種です。

 

 

ロッドのコスメはこんな感じです。

 

rod

rod

出典:SMITH HIROism CALYPSOより引用

 

スパイラルガイドはアレとしてグリップ

エンドがなんか…ノリーズのロッド

みたいだな!と思ってしまいました。

バランサーになっているんですかね?

 

 

気になることがもう1つありまして

1ピースと2ピースで使っている

カーボンの弾性が違うんですよね。

1ピースが40+30+24tなのに対して

2ピースが30+24tなんですよね。

これって2ピースの継ぎが関係して

いるんでしょうかね?

 

 

一応2ピースの継ぎはオーバーフェルール

となっています。

私も印籠継ぎとか並継ぎとか逆並継ぎ

くらいしか知りませんでしたけど

松本さんの説明がわかりやすかったです。

ほえ~!!でした。

 

 

まあ…カーボンの弾性の違いはわからない

けどオーバーフェルールの継ぎはわかった

ので使い心地としては1ピースと同じに

してあるんでしょうからいいか!?

 

 

ルアーキャストウェイトはスモール

ジャークが1/8~3/8oz=3.5g~10gで

ラージジャークが3/16~1/2oz=5g~14g

となっています。

渓流ルアーに流用するならスモール

ジャークのほうで十分ですね。

 

 

というか…

トップウォーターのバス用ロッドです

のでトラウトロッドよりは張りはある

かと思います。

ただ今回のHIROism CALYPSOは

少し前に再販したDaiwaのものとは

違うと思うんですよね。

 

 

ピンピン張り張りで作った再販Daiwa

と違って使っているカーボンの弾性が

別けられています。

おそらくこれがロッドの曲がりに関係

してくるのはなんとなくわかります。

 

 

使っていないのでなんとも言えませんが

ロッドに張りがあっても意外に曲がる

んじゃないかと想像はしています。

テーパーがEx.Fastだとしてもね。

(Daiwa再販のはRegularテーパー

でしたが実際に振るとFastテーパー

に感じました)

 

 

ということでこのロッド凄く気になった

ので購入してみました。

長さ的に1ピースでも不便ではないので

購入したのはHIM-C52L-SJ1です。

ヒロ内藤さん仕様ですのでスパイラル

ガイドが右ひねりなので右投げ左巻き

には宜しくない!と言われています。

 

 

一般的には右投げ左巻きには左ひねり

のスパイラルガイドが好ましいと言われて

いますが…なんか…色々な意見があって

わからない??

右投げ左巻きで右ひねりが良いという

意見もあるし…

 

 

スパイラルガイドのロッドを使ったこと

もなければ右ひねりと左ひねりの良し

悪しもわかりません。

興味があるので実際に試してみたい。

まあ少しお高めの教材ですね。

 

 

最後に某御大はスパイラルガイドのロッド

をクソミソに貶すことを動画で言っている

んですけどオンラインサロンでヒロ内藤

さんと共演したときどういう気持ちだった

のか聞いてみたいと思いました(笑)

 

実際に渓流ルアーに流用して使ってみた

インプレというか感想はこちらです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2022 All Rights Reserved.