興味のあるネタ釣っていってね

本流&渓流ルアー シートの汚れ防止にTOOLSシートカバーがおすすめ!!汚れたらシートカバー丸洗い 

TOSHIOMAN
WRITER
 
fishing-tackle
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

雨が多く河川が増水中でなかなか思うように釣りに行けない事が多い週末が続いてますね…

合間を縫って私も釣りには行っていますが増水河川相手で連敗続きです…

増水しているとルアーを思うように通せなかったりします。

ですが、ゴン太の遡上鱒は発見しました。増水の流れを余裕で遡上して行きましたが見失いました。

それと、先日も餌釣りのオジサンに目の前で43cmの山女魚を釣り上げられ悶絶しました。

おそらく、少し前に私がバラした山女魚です。場所も同じですので。

この餌釣りのオジサン少し変わった方でして、リリース前提の餌釣り師です。

顔見知りのオジサンで以前少し話したときに同じ餌釣りの方への不満を漏らしていました。

「持って帰らないで放していけば魚も増えるしデカイ魚の遺伝子も残るのに」と。

なんだか、亡くなられた細山長司さんみたいでかっこいいな!と思いました。

 

TOOLS シートカバー

 

以前から愛用はしていましたが今回再購入したのでレビューも含め紹介していきます。

 

私の釣り車は以前はランドクルーザー80でした。そういう車だと思っていましたので、平気でドアミラーがバタンバタンと折り畳まれてしまうような藪道にも突っ込んでいったりしていました。

 

ボディの塗装は擦り傷だらけです。でも、手入れはしていましたのでパッと見はキレイでした。しかし、見る角度を斜めにすると…

 

そういう使い方でしたのでもちろん内装のシートもそれなりです。

 

色あせ、ホコリが付着し汚い。まめに掃除機はかけていましたが付いてしまったものはなかなか落ちません。

 

それでも構わないと思っていました。そのときまでは…

 

藪こぎをしてウェーダーの尻の部分に毛虫が付いていたんでしょうね。気づかずにそのままシートに座り次のポイントに移動しました。

 

到着して車から降りて準備をして、「あ!車の鍵」と思い運転席のドアを開けました。

 

「なんだこりゃ~!!」でした。

 

沢山の毛と黒い物体。緑色のシミ。ティッシュでそっと取ってウェットティッシュで緑色のシミを落とそうとこすりましたが落ちませんでした。

 

気をつけてはいましたが「やってしまった…」でした。後から色々なクリーニング製品などで緑のシミを落とそうと試みましたが結局は落ちませんでした。

 

このことがありシートカバーを購入して愛用しています。

 

シートカバーの購入で考えたのは簡単に脱着できてズレなくて厚みのあるものでした。その中から私の選んだものはTOOLSのシートカバーです。

 

サーフィンやボディーボードなどのマリンスポーツの用品を扱っている会社の製品です。

 

安いものから高いもの色々売っていますが、「安物買いの銭失い」になるのも嫌だったのできちんとしたメーカーの製品を選びました。

 

fishing-tackle

 

ウェット素材で出来ていて濡れても乾きも早く、汚れても簡単に丸洗い出来ます。

 

fishing-tackle

 

裏側はウエット素材そのままです。端の処理もきちんとしています。

 

fishing-tackle

 

裏側は素材そのままですが、このようにザラザラとした感じなのでシートに被せてもズレにくいです。(まったくズレない訳ではありませんが)

 

fishing-tackle

 

ネームエンブレムのプリントはマイナーチェンジしてシートのヘッドレストに掛ける後ろ側になりました。何故変わったのか?何故私が再購入したのか?は、下の画像のせいです。

 

fishing-tackle

 

このネームエンブレム。マイナーチェンジする以前は背中に当たる部分にプリントされていました。シートに被せて車の外から見ればかっこいいんですが、これが何故か剥がれて服やウェーダーのの背中にくっついて落ちなくなります。

Tシャツにくっついたプリントを落とそうとしましたが落ちなかったので諦めました。ウェーダーの方はリールのオーバーホールで使っているエレクトロニッククリーナーでなんとか落とせました。(少しシミになりましたが…)

 

これじゃ~ダメだと思い、違うのを購入しようとネットであさりました。

 

そしたらマイナーチェンジしたものが販売されていたので再購入となりました。実はリヤシートのカバーも同社製だったので同じメーカーの物が良かったんですね…

 

fishing-tackle

 

現在の釣り車はエブリィですが装着感はこんな感じになります。もちろん普通車でも大丈夫な大きさがありますので御安心を。(ランドクルーザー80ではポイントまで大きすぎて入っていけない場所が多かったので軽自動車になりました)

 

微かにリヤシートも見えますが同色の同社製品です。

 

リヤシートまで同色で揃えたい場合は選べる色は2色しかありません。ブラックとグリーンカモです。

 

フロントシートのみの場合はブラック、グレー、カーキ、グリーンカモ、ブルー、ネイビーから選べます。

 

それにシート後ろ側をジッパーでガッチリ固定出来るタイプもあります。

 

色はグリーン/ブラウン、ネイビー/ワイン、ミントグリーン/ネイビー、グリーン/ネオングリーン、ブラック/ワインの2トーンカラーの展開です。少し値段も高い。

 

それとこの製品は最初ゴム臭は強めです。徐々に弱くなってはいきますが苦手な方は注意が必要かもしれません。車に装着する前に外で匂い抜きなど…

 

私はそれほど匂いに敏感ではないので、新品装着でそのまま使用しています。「くせ~!!」とは思っていますが。

 

また、同じ製品を再購入するとは自身でも思いませんでしたがかなりオススメです。これ。

 

 

 

 

 

 

 

楽天市場でTOOLSシートカバーを検索

 

yahooショッピングでTOOLSシートカバーを検索

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.