興味のあるネタ釣っていってね

渓流ベイト用ライン ナイロン→PE→ナイロン→PE 個人的に決定版のラインだと思う DUEL アーマードF+ 

TOSHIOMAN
WRITER
 
fishing-neta
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

スピニングリール時代の渓流ルアー ナイロンラインからのPEライン&ロングリーダーシステムに そして渓流ベイトへ

 

スピニングリールで渓流ルアーを

やっていたとき最初はナイロン

ラインでした。

みんなそうだと思いますが、例に

もれず私も初めはナイロンライン。

 

 

まあ…ルアーを無くすことが

多かったですね。

一日に5コもルアーを無くすと

へこむへこむ…

 

 

それでもヘタクソですから

ナイロンラインを使わざる

を得ない。

そうすると次第にキャステイング

も徐々にうまくなってくる。

だんだんルアーを無くす数も

減っていきました。

 

fishing-tackle

 

そしてデカイ奴を釣るために今度は

ルアーを沈めることを覚える。

またルアーを無くす数が増えていく。

頭を抱える…

 

 

そんなときに雑誌で知った

渓流ルアーにPEラインを使う方法。

それに書いてあった魅力的な言葉。

「フックを伸ばしてルアーを

回収出来ます」

私はこれに飛びつきました。

「これで悩みは解決だ!」

と思いました。

 

 

ちなみに当時プロから素人まで含めて

渓流ルアーでPEラインを使っている

方は土肥英司さんだけだったと

思います。

雑誌で見た当時は土肥さんも若くて

イケメンで茶髪ロン毛。

「顔だけ交換してくれ!!」

と何度思ったことか…

 

fishing-tackle

 

当時の土肥さんのPEライン使用時の

タックルセッテイングは…

うろ覚えになりますがリールは

スピニングの2500番にPEラインは

1.2号、リーダーは銀鱗を使用

していたような。

ロッドはたしかUFMウエダでした。

 

 

当時も現在も渓流ルアーで使う

リールは1000番~2000番です。

ずいぶん大きなリールを使う

もんだと驚きました…

たしか2500番のリールを使うのは

ライントラブルとラインの放出を

良くするためでしたかね。

 

 

さっそく私も土肥さんのマネをして

やってみることにしました。

私の当時使っていたスピニングリール

はカーディナル。

インスプールのリールでPEラインを

使うのって大丈夫なんだろうか?

という不安はあったものの、誰も

やっている人がいないので自分で

試してみるしかない。

まずはPEラインとリーダーを

購入しなければ。

 

 

選んだPEラインはラパラ

サフィックス 832の1.2号でした。

「GOREが入っていて風に強い」

これが理由です。

リーダーはなんだったっけ…

VARIVASスーパートラウト

アドバンスVEPの8lbかな。

リーダーとの結束は本で死ぬほど

何回もおさらいをして覚えた

FGノットです。

 

fishing-tackle

 

樹脂ラインからPEラインに移行して

戸惑いはありましたが一日も使えば

慣れていきます。

そして慣れた頃に根がかり。

恐る恐るゆっくりとPEラインを腕に

巻きつけて自分自身が後ろに

下がってみます。

 

 

「うあ~本当にフック伸ばせるの

これ?ライン切れそうなんだけど」

PEラインなんて初めて使う私の

正直な感想です。

 

 

ムニュ~という感覚と共にいきなり

抜けるテンション。

「切れた!」と思いました。

リールのハンドルを巻いて回収

するとミノーが見えました。

「マジか!やった!!」

嬉しさと感動です。

 

 

そしてまたしばらくPEラインを

使っていくと不満ができました。

PEラインなので水を切ってしまう。

なのでスプーンを使って釣るときに

ラインにドラッグがかけられない。

これは予想外でした。

フックを伸ばすことしか

頭になかった…

 

 

考えた末にショートリーダーでも

フックを伸ばせるんだからロング

リーダーでも大丈夫じゃないか!

となりました。

これも実践してみるとバッチリ

でした。

リーダーの長さは5ヒロとって

いました。

 

fishing-tackle

 

こうしてスピニングリールでの

渓流ルアー釣りを楽しんでいると

ブラックバスの釣りのときの

ベイトリールを渓流でも使って

みたくなります。

泥沼の始まりです。ですがここは

長くなるので端折ります。

 

 

手に入れた渓流ベイト用のロッド

ブラックバスの釣りベイトリール。

渓流ベイトの始まりです。

 

渓流ベイト ナイロンライン 根がかりなどでフックを伸ばしてルアーを回収できなくてPEラインの引っ張り強度に後ろ髪を惹かれる PEライン&ロングリーダーシステムを試す

 

ブラックバスの釣りのベイトリール

を渓流に持ち込んでの釣りが

始まりました。

 

 

ラインはバスのときは16lb~25lbの

フロロを使っていましたが渓流魚

ではここまでの太さのラインは

いりませんしフロロ自体もそれほど

扱いやすいラインではありません。

 

 

そしてスピニングリールでPEライン

を使ってロングリーダーで釣りを

しているときにわかりましたが

ナイロン8lbを使うと飛距離が

落ちます。

これを考慮して渓流ベイトでは

間をとってナイロン6lbを使うこと

にしました。

 

 

渓流ベイト専用のロッドが開発されて

専用ロッドなんてなくて流用で

なんとかかんとかやっていたのとは

わけが違いました。

普通に渓流ルアー釣りが成立します。

凄いよな…とシミジミ思いました。

 

 

そうこうして楽しんでいると

忘れていた根がかりです…

「うあちゃ~やっちゃった…」

ラインを腕に巻きつけてゆっくり

後ろに下がってみます。

 

 

ブチッ

ラインが切れる音と共にテンション

が抜けました。

「だよね~当然切れるよ」

 

 

初めはそれほど気にはならなかった

んですがやっぱりルアーを無くす

回数が増えるごとにPEラインの

引っ張り強度が恋しくなる。

 

 

デカイ奴は深場にいる

狙うにはルアーを沈めるしかない

でもルアーは値段が高いから

できるだけ無くしたくない。

そうだ!やってみるか。

スピニングリール時代にやってた

PEライン&ロングリーダーシステム。

 

 

ナイロンラインやフロロの

樹脂ラインしか使ってこなかった

のでPEラインの種類など知らない

からまたサフィックス 832を購入。

リーダーも同じものです。

 

 

PEラインを50m巻いてリーダーを

5ヒロとりました。

スプールにPEラインとリーダーの

結束部分が見えます。

大丈夫かな?

一抹の不安はありますがキャスト。

 

 

シュルルルルー

ガッ

プチ~ンッ

ああ…ミノーが~

「やっぱダメか…」

不安的中です。

PEラインとリーダーの結束部分が

巻いてあるPEラインに引っかかり

スプールがロックします。

おまけにバックラッシュも…

 

 

結束のFGノットを締め込み

結び目を限りなく小さくしても

変わらずにロックします。

試しにショートリーダーで結束を

巻き込まないようにすると普通に

投げられる。う~ん…

スプーンのときがな…

ラインにドラックがかけられない。

 

 

「ダメだこりゃー」

渓流ベイトはナイロンラインで

やるしかない。

だってスプーンは使わないって

選択肢がないもの…

「スプーンは絶対必要」

 

 

引っ張り強度と樹脂ラインの扱いやすさを併せ持つPEラインDUEL アーマードF+を見つける そして購入してみた

 

しばらくは渓流ベイトは

ナイロンラインでやっていました。

でもやっぱりルアーを無くすのは

キツイ。

なので日々情報は集めたり

探したりしまくります。

そんな中で見つけたとあるブログ

の使用タックル紹介の一部。

 

 

ライン[ アーマードF+]

んん??アーマード??

なんだこれ。初めて見た。

ちょっと検索と。

DUELから出ているんだ。

DUELか懐かしいな…

五十嵐洋さんSTOOPあったな…

そういえば当時DUELからも

渓流ルアー用のラインが出ていた。

深緑っぽい色で視認性が悪そうで

敬遠していたけど…

気になったので調べてみた。

 

 

なるほどコーティング系のPEライン

ではなく中に閉じ込めるみたいな

感じか!

外側の樹脂はフロロカーボン。

 

「あれ…これ…良いんじゃね!」

 

PEラインの引っ張り強度は欲しいし

外側がフロロカーボンの樹脂だから

スプーンを使うときにもラインに

ドラックがかけられる。

それとナイロン樹脂じゃなくて

フロロ樹脂だから沈みも期待

出来るぞ。

 

 

ということで購入してみました。

200m巻きが欲しかったので

DUEL アーマードF+ Proを購入

しましたが私の購入したものは

現在ラインナップにありません。

なので在庫処分品かな…

それと私の場合はラインにドラック

をかけるのとフックを伸ばすことに

重点を置いているのでラインの

太さは1号を選んでいますが

普通に使用する分には0.6号とか

0.8号でもいいかと思います。

 

DUEL アーマード 

 

現在は200m巻きはアーマードF+

になっていますね。

Proがつく違いがわからないので

こちらでいいと思います。

 

YahooショッピングでアーマードF+を検索

楽天市場でアーマードF+を検索

 

DUEL アーマードF+を実際に使ってみた感想とリーダーとの結束方法

 

昨年購入して試すはずが転倒&転落

して鎖骨を骨折してしまい今更の

お試しになっていますが使って

みました。

 

 

まず大切なリーダーとの結束です。

このラインはたしかにPEライン

なんですが外側はフロロカーボン

の樹脂になります。そしてリーダー

にするのもナイロンラインです。

ということで樹脂と樹脂の結束

になります。

 

 

一般的なPEラインとリーダーに

使う結束で有名なFGノットは

DUELでも推奨はしていますが

0.6号以上です。

そして私の購入したアーマードF+

は1号です。

FGノットは可能です。 

でも私は樹脂と樹脂の結束に

FGノットは必要ないと思いました。

なので今回は他の結束方法で

やってみることにしました。

 

 

とりあえずFGノット以外の結束

なんて知らないのでここはDUEL

さんの動画を参考にして

ロックフィッシュの折本さんが

実際にやっているノットを試す

ことにしました。

オルブライトノットですね。

 

結果これは私にはダメでした

 

うまく締め込めなくてキャストした

ときに結束から切れて数個ルアーを

無くしました…

どうもリーダーにしたナイロンライン

の締め込みがうまくいかない…

おそらく私の使うナイロンラインの

リーダー8lbが細すぎるんだと

思います。

なのでもっと簡単にできる強い結束

を調べてみました。

 

 

散々調べてたどりついた強くて

簡単な結束がこちらです。

 

 

たわら結び=トリプルエイトノット

これは海の釣りで多用されること

が多いノットになります。

私の知る限りでは磯ウキフカセ釣り

で使われています。

道糸ナイロンラインの2~3号に

ハリスがフロロカーボン2号とか。

狙う魚種はグレやヒラマサなど。

これならば渓流や本流のトラウト

でも十分に安心できるノットだと

思います。

追記

3回でトリプルエイトノットに

なりますが4回でクアドラプル

ノットにしてもいいです。

より強くはなりますがノットの

結びのコブがトリプルよりも

少し大きくなります。

 

 

ちなみに磯で有名どころの方々の

ノットは

平和卓也さんがダブルエイトノット。

松田稔さんがトリプルサージェンス

ノットです。

松田さんのトリプルサージェンス

ノットは私も試しましたが少し

面倒臭かったです。

他にも磯ウキフカセ釣りで使われる

ノットはストロングノットというの

もあります。これも面倒臭い…

 

 

それとトリプルエイトノットの

デメリットもちゃんとお伝えします。

結束部分の結びコブがFGノット

よりも若干大きくなります。

 

fishing-tackle

 

見ずらいかと思いますがFGノット

よりも平らじゃなくてゴツゴツした

感じがわかりますかね…

これで何が悪いのか?というと

結びコブが大きいためにガイド抜け

が悪くなります。

するとどうなるか?飛距離に影響が

でてきます。

このデメリットは覚えておいて

下さいね。

 

 

ということでデメリットは少しある

もののDUEL アーマードF+ 

でリーダーとの結束は紹介した

トリプルエイトノットが最強です。

簡単、早い、強い。

 

 

フックを伸ばせる引っ張り強度は

本当にこのアーマードF+には

あるのか?ですが…

たしかにありました。

 

 

平水よりも1.5mほど増水した後の

隣県の本流にデカイ山女魚が差し

てきてないかな?と思い釣りに

出かけてみましたが、居たのは

デカイ山女魚じゃなくて本物の

サクラマスでした。

紛い物の鱒じゃありませんよ。

堰堤から少し下流の太く重い

流れに定位していたものを

掛けました。

アワセも決まり流れにのって

下るかな?と思いましたが流れから

一切離れず重い首振り4回でフックを

伸ばされました。

ドスドスドスドス「あ!!」

っていう感じでした。

 

fishing-tackle

 

新品のミノーなのでフックも新品。

キレイにのされました。

山女魚狙いでまさかサクラマスが

出ると思っていないので致し方

ありません…

 

 

でもこれでアーマードF+で#12の

トレブルフックが伸ばせるのが

わかりました。

根がかりでも大丈夫でしょう。

それにリーダーとの結束の頑丈さ

も証明できましたかね。

 

 

それとフックを伸ばすのに大事な

結束がもう一つあります。

スナップとの結束ですね。

これは私もずいぶん悩みました。

ズボラゆえ頻繁に結び直しを

やらない… 

キャスト切れや根がかりで何個

ルアーを無くしたことか…

 

 

なのでこれも調べまくってズボラで

頻繁に結び直しをしなくても丈夫な

ダブルユニノットで結束しています。

 

 

結束ノットは他にも沢山ありますが

ライン1本で結ぶよりも2本で

結んだほうが丈夫なんじゃないか?

という単純な理由でこのノットを

好んで使っています。

実際に#12トレブルフックも

伸ばせているのでこれでいいか!

というのもありますが…

 

 

渓流ルアー釣りで切っても切れない

悩ましい問題があります。

 

蜘蛛の巣

 

「はいはいはい」ですね。

ナイロンラインならなんら問題では

ありませんが、これがPEラインを

使うようになると凄く厄介な問題に

なりますね。

 

 

私もスピニングリール時代にPEライン

を使っていたときに難儀しました。

何をやっても蜘蛛の巣が取れなくて

もったいないけど蜘蛛の巣が付いた

部分からPEラインを切るしかない。

「あ~ナイロンラインならな~」

と何度思ったことか…

それもこのアーマードF+なら解消

出来ます。

渓流に行ったときに実際に試して

きました。

 

fishing-tackle 

せっかく巣を張ったのに蜘蛛さん

ゴメン…

 

fishing-tackle

 

結果はわかっています。

樹脂ラインですからね。

ナイロンラインと同じ要領でライン

に付いた蜘蛛の巣をシゴイてノット

の部分まで送ります。

 

fishing-tackle

 

あとはナイロンラインのときと同じく

カットして蜘蛛の巣を取り去り

ラインを結び直すだけです。

これが嫌で渓流ルアーでPEラインを

使わない方も多いんじゃないかと

思いますがアーマードF+なら

ナイロンラインと同じ感覚で

使えると思います。

 

 

追記

ラインの感度についてですが

先だって尺ヤマメを釣ったときに

前アタリがありました。

それを「あれ?」という感じで

気がつけたので悪くはないと

思っています。

 

 

最後にデメリットその2ですが

フロロカーボン特有の巻グセ

がありますね。

これは如何ともし難いんですが

嫌な方には嫌なはずです。

 

fishing-tackle

 

どうでしょうね…

私の場合はブラックバス釣りの

ときに散々フロロカーボンは

使ってきましたので

「こんなもん」

という感覚なんですが…

初めてこのラインを購入して使う

方々がどう思うか…

おそらくこれが不満になるのは

否めないんですがね。

これさえ気にならなければ

良い釣り用のラインだと

思います…

 

 

なんだか最後におすすめしずらく

なってしまいました…

でも…

 

良いラインですよ!!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.