興味のあるネタ釣っていってね

ランディングネットをそのまま持ち歩くのはどうも…ランディングネットケースを購入してみたSOULSネットケース

TOSHIOMAN
WRITER
 
fishing-tackle
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

ランディングネット運搬時の破損を防ぐランディングネットケース SOULS・ビックトラウト用ネットケース

 

ランディングネットケースを購入してみました。

神経質ではないんですが使用時以外に

ランディングネットが傷つくのがどうにも我慢ならないものでしてね。

 

 

別に釣りの使用時に傷がついても味としてとらえられるんですがね…

運搬時の傷は…

どうにも頂けない…

あとランディングネットの肝心なネット部分の破損も嫌ですしね。

 

fishing-tackle

 

これは今まで使用していたランディングネットなんですが、

ランディングネットのケースなんて売ってないんですよね。

ましてトラウト用の木製のネットケースなんてものは…

 

 

苦肉の策でWILD-1のキャンプ用の特大のトートバッグを代用して使ってました。

 

fishing-tackle

 

ランディングネットがITO.CRAFTさんのLのカーブなのでなんとか収まっています。

これがLLサイズのサクラマス用では無理だと思います。

湖用のLサイズだからこそです。

 

 

このネットは根性なしの私にピッタリのネット

(寒いときのサクラマス釣りなんてできないしやりたくない)で

春先から夏までの歩きまわってサクラマスを釣るときに凄く便利なんです。

 

 

サクラマス用の特大サイズじゃないし

背中に背負ってもカーブタイプなのであまり邪魔にもならず良い感じです。

が、クレモナ糸のネットなのでフック絡みするので、

そのうち杉坂ネットの交換用ラバーコーティング・リリースネットに張替えします。

 

fishing-tackle

 

良い感じに丁度ピッタリに収まるんです。

 

fishing-tackle

 

このように収納して運搬と保管していました。

車で運搬するときもランディングネットに

傷もつかないですし肝心なネット部分の破損も防止できます。

 

 

ランディングネットのフレームがちゃんとしていても、

ネット部分が切れて穴が空いていたんでは使い物になりませんからね。

 

 

 

 

 

新調したランディングネットはどうやって運搬と保管をする?

 

フック絡みの問題でランディングネットを新調したんですが

流石にサクラマス用のランディングネットなので大きいです。

 

 

また特大のトートバッグを購入しようと思ったんですがね。

スノーピークさんのやつこちら

 

 

なんだかネット部分の大きさは良い感じなんですが、

グリップ部分がスカスカになるのでどうもなぁ…

と、思いまして。

探して見つけたのはこちらです。

 

fishing-tackle

 

SOULSさんのランディングネットケースです。ネオプレーン製で伸びます。

 

fishing-tackle

 

裏側がメッシュ素材になっていまして濡れたまま収納してもカビが発生しずらくなっています。

ジッパーは全周で開きません。

でも十分な開閉量です。

 

fishing-tackle

 

新調したランディングネットを入れてみます。

 

fishing-tackle

 

ビヨーンと伸ばしてランディングネットを入れる感じになります。

 

fishing-tackle

 

フレームからグリップのあたりは結構余裕があります。

 

fishing-tackle

 

ネットがクレモナ糸じゃなくラバーコーティング・メッシュなので盛り上がりますね…

 

fishing-tackle

 

ジッパーを閉めるとこんな感じになります。

 

fishing-tackle

 

結構盛り上がってハミ出ます。

が、ここは諦めます。

フック絡みが嫌でラバーコーティング・メッシュにしたので。

 

 

ランディングネットと同じメーカーとはなりませんが、

イチローさんも昔は杉坂ネットを背負っていたと思いますのでそんなに変ではないと思います。

 

 

これで私のサクラマス用ランディングネットの運搬時と収納時の悩みは解消できました。

私と同様の悩みのあるみなさんにもSOULSさんのランディングネットケースは是非オススメできます。

今現在なら、私も購入したこちらに在庫がありますので宜しければ。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.