興味のあるネタ釣っていってね

渓流ルアー 車のバックドアを開けて釣りの準備をするときの小さい虫除け対策

アバター画像
WRITER
 
fishing-tackle
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

渓流ルアー 車のバックドアを開けて釣りの準備をするときの小さい虫除け対策 スズメバチとアブとメジロとブヨと蚊には効果はないよ!

 

ゴールデンウィークの釣果はどうでした?

今年は雪代が長引いていて思うようでは

なかったですか?

そういえば…

直前に雨も降りましたよね。

 

 

私は例年通りのゴールデンウィーク

でしたよ。

空き家になっている実家の手入れです。

側溝の落ち葉を取り除いたり井戸の

回りの掃除したり除草剤をまいたり

家の裏の竹藪の伐採をしたりです。

 

 

毎日毎日そんな作業をしていたので

連休最終日はグロッキーになって

いましたよ…

 

体力の限界です!!

 

ってやつです。

 

 

ですので釣りの「つ」の字も

ありませんでした(泣)

まあ…小さい頃からこんな感じでした

ので悲しくはありません。

 

 

というくだらない身の上話なんて

どうでもいいんですがね。

今日やっと釣りに行けるような準備

をしてみました。

これも私にとっては毎年恒例です。

 

 

準備自体はできているので車のほう

です。

それがこちらです。

 

fishing-tackle

 

用途は通常は家庭用ですね。

ですが私は車に使ってしまいます。

どうしても山の中だったり草木が

生い茂っている場所で車のバックドア

を開けて釣りの準備をしていると

小さい虫が車の中に入ってしまうん

ですよね。

 

 

家庭のしかも家の中に入られるのも

あんまり良い気はしないのにさらに

狭い空間の車の中に入ってきます。

ほぼほぼ人間に害はないんですけど

気分的に嫌じゃないですか?

 

 

だいぶ昔の話になりますがこれで

結構悩みましてね…

毎日なにか車の中に虫が入ってくる

のを防ぐ方法はないのかと考えて

いました。

 

 

答えは意外な感じで見つかりました。

建築中の家の大工さんだか内装屋さん

だかがこの方法をやっていたんですよ。

見かけた瞬間に「これだ!」と思い

ました。

 

 

大工さんや内装屋さんも車のバック

ドアを開けっ放しで作業したりするん

でしょうね。

やっぱりそのときに小さい虫が車の中

に入ってしまう。

やっぱりそれを防ぎたい!

まさしく私と同じ。

 

 

真似させて頂きましたよ。

ナイスアイデアだと思います。

 

fishing-tackle

 

これがなかなかの威力でバックドアを

開けっ放しで釣りの準備をしたり荷室

に腰掛けて休憩したり昼飯を食って

いても小さい虫のたぐいは寄って

きません。

 

 

ループフック式ということもあって

意外と車の中でも引っ掛けられる

ところがあります。

無くても製品自体は軽いので両面

テープ式だったりマグネット式

だったりのフックをホームセンター

などで調達してくれば問題なく

好きな車の中の場所にセットできる

と思います。

 

 

それと蚊に対してですがこちらを車に

常備してあります。

 

fishing-tackle

 

まあ…

ほぼほぼ蚊が車の中に入り込んでいる

のに気がつかないで運転中に刺されて

やっと入っているのに気づくん

ですけどね。

藪蚊は刺されるともの凄く痒いん

ですよね。

なんなんですかね?アレ?普通の蚊と

少し違うのかな?

 

 

ちなみにロッドホルダーはベルト

タイプを愛用しています。

いちおう元介護車なんですよ。

簡単に取り外せたり位置を動かせたり

して重宝しました。

バータイプより載せられるロッドの

種類も多くてとても気に入っています。

(バス用トップウォーター流用ロッド

も問題なく載ります)

 

 

ランクルのときから使っている専用の

ロッドホルダーはプロボックスのほう

に移植しました。

こちらは載せられるロッドを選びます。

(ほぼスピニング専用という感じです)

 

 

さて明日は住処の近所の川の様子を

ロッド持参で見てきますかね。

スキー場のある山の麓の川なので雪代

の終息具合がわかるでしょう。

あわよくばヤマメが釣れると良いな。

 

いざ!いまさら

 

シーズンイン!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2022 All Rights Reserved.