興味のあるネタ釣っていってね

渓流ルアー あなたはベスト派orバッグ派?

TOSHIOMAN
WRITER
 
釣り道具
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

第三のアイディアで私はベルト派になりました。

 

悩めるみなさんに今日は第三のアイディアとして、私からの提案です。こういう方法もありますよ!ってことですね。

 

渓流ルアーをするときって、ルアーBOXやスナップケースやデジカメやペットボトルやプライヤーやカッパやらなにかと持ち歩かなくちゃ釣りにならないですよね。そうなってくると、必然的に機能的で収納力のあるベストかバッグのどちらかにこれらの小物をいれて持ち歩くことになります。

私はスピニングリール時代はベスト派でした。やっぱり一番機能的だし、体にフィットしてキャスティングの邪魔にならないし良いこと尽くめですしね。

釣り道具

何代目のベストになるか?…。以前から使用していたベストがヨレヨレで汚れ放題になりスピニング時代に最後に購入したベストですね。おそらく、3代目のベストだと思います。私は結構、物持ちの良いほうで一度購入すると長く使うんです。

案外キレイじゃないか!って思われますが、そりゃあそうです。私は馬鹿なのでシーズンオフにベストをクリーニングに出しますから。

はい。イトウクラフトさんの信者です。もっとも、私がイトウクラフトさんのロッドを使い始めた頃は周りは誰も知らないメーカーでした。「それ、どこのメーカーのロッドですか?イトウクラフトです。イトウクラフト?聞いたときないな〜」って感じでした。剥製作りでは名が通っていたのかな?

 

渓流ルアーをベイトリールでやるようになった時代

 

で、今度はスピニングからベイトに以降していくんですが、はじめのうちはそのままベストでやってました。が、私は変なコダワリがあるのでベストを着てベイトリールで渓流ルアーをするのに変な違和感を覚えるんですね。周りはスピニングでベストを着て釣りする方々ばかりでしたから。

「ベスト着てベイトリールって変じゃね?」って感じでしょうか。

 

さあ!!ここから私の泥沼がはじまります

 

最初に目を付けたのがSIMMSが初めて出してきたバッグシリーズのヒップバッグ(売却済み)です。腰ベルトの他に袈裟懸けのショルダーベルトも付いてたので、ショルダーベルトに自分でハトメを付けてネットをぶら下げて使用していました。腰ベルトは緩めに締めてルアーBOXを取り出すときは体の前にヒップバッグをもつてくるような使い方です。

使いはじめの最初は良かったんです。でも、生来の面倒くさがりなので、ベルト(ウェーディングベルトは必ず使いましょうね)をつけてその上にまたヒップバッグの腰ベルトをつける。と、いうことが我慢ならなくなりました。

「じゃあ、ヒップバッグの腰ベルトだけで使えば!」これ、私は体の前にもつてきた後、締め直さないとなんだか不安で…。

 

で、次に目を付けたのがC&FデザインさんのOutrangeレギュラーショルダーバッグ(売却済み)です。フライ用ですが、機能的にも収納力的にも素晴らしバッグでした。ペットボトルホルダーや簡易的な腰ベルトにリトラクターホルダーにランディングネット用のD管まで付いていて。

これは、結構気に入っていて2シーズンくらいは使ってましたね。

「じゃあ、何がダメだったの?」それは、雨の日の釣行です。登山のザックのようににカバーをする。なんて使い方が出来る訳でもないので、当然雨にびしょ濡れの状態で使うことになります。雨水を吸い込んでバッグが重くなるんですね。肩が痛くなります。

「じゃあ、雨の日に釣りやらなきゃいいじゃん!」やりましょう!雨の日こそチャンスですよ。

 

で、次に目を付けたのがPatagoniaのストームフロント・ヒップ・パックです。

釣り道具

これなら、雨の日の釣行でも大丈夫だろうと思いました。これ、ショルダーベルトも付属してくるんですが、ショルダーベルトのパッドを抜き取って、腰ベルトに挿し込んで袈裟懸けにしてショルダーバッグ状態で使うと、丁度パッドが肩のあたりに当たるようになるので痛さも半減できて良かったですね。もちろんバッグの中身も完全防水なので濡れませんし。リトラクター取り付けの穴もあいてます。画像のリトラクターはSIMMS製です。

これも気に入って2シーズンくらいは使ってましたね。

「じゃあ、何がダメだったの?」それは、完全防水ゆえチャックの開け締めが難儀するんです。構造上どうしようもないんですがね。

我慢できませんでした…。

 

で、次に目を付けたのがアルマハスクの バンダリアです。

釣り道具

洗濯した後しまっていたのでバラバラですが。袈裟懸けにすると画像の部分が丁度胸の位置にきます。説明では分かりづらいと思うので、ファントムさんのリンクを貼っておきます。こちら

はい。馬鹿なのでチャックが嫌だって理由だけで、雨の日の釣行の事を忘れてしまってますね…。でも、これも結構、収納力があって機能的で良かったんですよ。肩パッドの後ろ側にランディングネットもぶら下げられますしね。

「じゃあ、何がダメだったの?」それは、真夏の釣行で起こりました。丁度胸の位置にくるフロントポケットによって、ウェーダー内に風が通らなくなって、汗でTシャツが湿った状態になり腹が冷えるんですね。冷えると…。急いで川からあがり、ウェーダーのまま近くの河川公園のトイレに突撃になりました。

夏には使えませんね。ですが、使い勝手は良いので春先のサクラマス釣りに、これは使おうと思ってます。寒い季節なら腹も冷えないだろうし。

 

で、次に目を付けたのがLBTのロードベアリングハーネスです。

釣り道具

なんだか、釣りなのかサバゲーなのかわからなくなってきましたね。でも、案外サバゲーやミリタリー物って釣りに使えると思うんですよね。色がマルチカムばかりになってますが、拡張して取り付けるポーチの色がマルチカムだと入手しやすいんですよ。

これは、ウェビングベルトが縫い付けられているベストですね。先のアルマハスクのバンダリアもそうなんですが、モールシステムにより好きな大きさのポーチを購入すれば、ウェビングベルトに編み込むようにしてポーチを取り付けできるんですよ。これ、画期的だと思いました。スピニング時代のSIMMS製のベストに不満が無かったわけではないので。「ここにポケットあればな〜」みたいに。

「じゃあ、何がダメだったの?」それは、LBTというメーカーが欧米人の体格に合わせてサイズを作っているので、日本人には大きいんですよ。画像のものもS/Mサイズですが、ストラップを一番小さくしても丈が腰下まできてしまうんです。もう少しショート丈になるものがいいんですがね。ウェーディングベルトに取り付けたドリンクホルダーと干渉してベストが上にもちあがったりして…。

 

ついにたどり着いたベルト式

 

本当に最後は自分の変なコダワリが嫌になってました。しょうがないですね。妥協できない性格なんでしょうね。

考えて探し出したものがこれですね。Crye Precisionのロープロファイルベルト&パデットヨーク。

 

釣り道具

釣り道具

釣り道具

ランディングネットを取り付けた状態です。

釣り道具

これがメインポケットになります。

釣り道具

ドリンクホルダーの1コめですね。

釣り道具

2コめのドリンクホルダーです。

釣り道具

メインの収納部です。

釣り道具

プライヤーホルダーです。

釣り道具

別売りのパデットヨーク部です。

釣り道具

シザースリーシュ(救急のハサミ用)ピンオンリールです。

釣り道具

プラスチックバックルの後ろ側がマジックテープになっていて調整可能です。

釣り道具

サブの収納部です。防水デジカメが入ってます。

釣り道具

メインのポケットにはミノーケース、スプーン&スピナーケース、防水スナップケース(フックも)、ライン屑入れ、メジャー、消耗フック入れ、バックラ直しの針を入れてます。

釣り道具

サブロック製のバンジーリーシュコードです。

釣り道具

私のホーム河川は普通に熊が生息しているので、唐辛子スプレー常備です。住民のかたも「ああ、熊ね!」くらいの反応です。

釣り道具

こちらが普通のドリンクホルダーです。

釣り道具

メインの収納部にはウェーディングスタッフ、カッパ、虫除け、ナイフ、絆創膏が入ってます。

釣り道具

プライヤーはフライ用のペスカドール6を愛用しています。

釣り道具

開いた状態になります。

釣り道具

釣り道具

釣り道具

すべてのポーチに水抜き穴が付いているので、渡渉の場合はそのままジャブジャブいきます。

釣り道具

釣り道具

釣り道具

この厚めのパッドのおかげで疲れなくなってます。釣りの道具くらいなら余裕です。本来は弾丸を詰めたマガジンなどでパンパンにしても大丈夫なように作られていますので。

釣り道具

釣り道具

釣り道具

首の裏と肩のヨーク部分にも厚めのパットが付いていて、腰の部分の重量を分散するようにしています。あと、ベルト部のズリ落ち防止です。

釣り道具

バックルをハメた状態です。

 

それぞれのポーチはCrye Precision製、イーグル製、LBT製ですべて別で揃えています。プライヤーホルダーは日本のリーニアのものです。プラスチック製のカラビナはITW製でバンジーリーシュコードは日本のサブロック製です。

 

これが散々泥沼にハマり足掻いて出した、私なりの最高の装備になります。ベスト派じゃなくバッグ派じゃなくベルト派です。

極度の暑がりで、真夏の釣行はキツイものがありますが、このベルト装備にしたらウェーダーの中にも案外風が通り涼しく釣行できました。それに、動きやすいです。みなさん全員にオススメできませんが、釣行時のベストやバッグに不満がある方にはこういう方法もあるよってことを伝えたかったので参考までにです。

 

 

私と同じものが欲しい場合は、オクで中古を買って下さい。川の水に浸かり山の中を歩き、時にはすっ転びでは新品では高いしもったいないので。私の揃えたものも大半は中古です。パデットヨークだけは、ドイツのショップだったかな?海外通販で取り寄せました。どうしても、中古で揃わないものだけは新品を使ってます。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.