興味のあるネタ釣っていってね

渓流ルアー ベストフロントバックパック SUBDUED PAVE LOW BACKPACK また良い道具が!!

TOSHIOMAN
WRITER
 
fishing-tackle
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

SUBDUEDより中流から源流まで対応のベストフロントバックパックPAVE LOW BACKPACKが登場

 

暇を持て余してすることと言えば

ネット徘徊。

そして関連は必ず釣りものにいく…

まあ…いわゆるお馬鹿さんな私。

先だってバックパックを購入して

本流から渓流まで釣り歩いていますが

見つけてはいけないものを見つけました…

 

 

見つけた瞬間に出た言葉は…

「ぐぬぬぬ…」でした。

SUBDUEDさんよなぜもう少し早く

こいつを出さなかったのだ!

もしかしたら記事にしたバックパックではなく

こちらを購入していたかもしれないのに…

 

 

いや…早まるな私…

「おまえの用途には合わない」

バックパックの容量が15Lしかないから。

あ!それもそうか。

 

 

ということは…

昼飯を持ち歩いたり

ベストの背中が荷物でパンパンになる

釣り人むけの製品かな。

 

 

ということでこちらです。

 

fishing-tackle

 

fishing-tackle

出典:SUBDUED PAVE LOW BACKPACKより引用

 

どうです?これ!

良さそうじゃないですか。

 

 

バックパック部分の容量は15Lと少なめですが

飲み物や昼飯にカッパなど収納する分には

十分なような気がします。

 

fishing-tackle

fishing-tackle

fishing-tackle

出典:SUBDUED PAVE LOW BACKPACKより引用

 

フロントポケットの容量は合計5Lです。

片側2.5Lですね。

それとリトラクターも標準で付いています。

これはありがたいですね。

釣りに特化で作られているようで

バックパックにはランディングネットを

ぶら下げられるようにD管も付いています。

 

fishing-tackle

出典:SUBDUED PAVE LOW BACKPACKより引用

 

そして私が気になった一番のポイントがこれです。

フロントのポケット部分が取り外し可能で

取り外すと「あれ…MOLLEじゃね」

ということはです。

このベストフロントバックパックは

若干の拡張性を備えているということですね。

これは良いですね。

 

 

もしフロントポケットで容量が足りない場合は

若干ですがフロントポケットの脇が拡張出来る。

しかも身体の前面まではこないようなので

邪魔になることはなさそうです。

 

fishing-tackle

 

fishing-tackle

出典:SUBDUED PAVE LOW BACKPACKより引用

 

それと同社製のポーチで更に拡張できます。

う~ん個人的にはここまでの拡張はいらないかな…

MOLLEは上手くフロントポケットを付ければ

2コマは使えるのかな?最低1コマか?

プライヤーホルダーはいけますかね。

 

fishing-tackle

出典:SUBDUED PAVE LOW BACKPACKより引用

 

ふと思いましたがこれ容量的にウェーダーで

使う場合は腰ベルトは必要そうですね。

その場合はウェーダー付属のナイロン製のベルトで

水が入ってこないようにして

ベストフロントバックパックにすべての釣り道具を

まとめてしまうのが良いかもしれません。

ズボラ的な考えですけど…

 

 

どうでしょうか?SUBDUED PAVE LOW BACKPACK

個人的にはなかなかの製品だと思います。

私はカメラも持ち歩きたいので先だって購入した

バックパックじゃないと無理ですが、それほど

荷物は持ち歩かないけど昼飯は持ち歩く方。

昼飯は持ち歩かないけどなぜか他の荷物が

多いんだよね。という方にはピッタリかも

しれませんね。

 

 

各社からベストフロントバックパックは出ていますが

SUBDUEDの製品も購入のときに検討してみて下さいね。

 

楽天市場でSUBDUED PAVE LOW BACKPACKを検索

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.