興味のあるネタ釣っていってね

Chota STL Plusウェーディングシューズ 強化と補強 たのむ最低4年間はもってくれ!

TOSHIOMAN
WRITER
 
fishing-tackle
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

Chota STL Plusウェーディングシューズ 強化と補強 初めてスタッドを装着してみた

 

やっと暖かくなってきましたね。

そろそろ本流もいい頃合い。

スロースターターのポンコツは

いまだにこたつの中…

お前バカか!!早くこたつから出ろ。

 

fishing-tackle

 

重い腰を持ち上げて今回はウェーディングシューズの

補強と強化をしました。

あ!まだウェーダーなどは出してませんしリールに

ラインも巻いていません…

早く用意しなければ…頑張ろう。

 

 

今までさんざん本革のウェーディングシューズを

使ってきたので強い部分と弱い部分はおおよそ

わかっているつもりです。

ですのでより長期的に使えるように補強&強化です。

 

まずは縫い目の部分の補強。

 

fishing-tackle

 

トゥキャップの部分の縫い目。

私の使い方だとおそらくこの縫い目はほつれます。

川の中を歩いたり渡渉したりするときに必ず

つま先で川の内部を探ります。

そして擦れます。

 

fishing-tackle

 

本革のウェーディングシューズ特有で最初は硬いんですが

馴染んでくると硬さがとれて柔らかくなります。

つま先がよく曲がるようになるんですね。

すると下の水抜き穴の縫い目は外に膨らむように曲がります。

そして擦れて縫い目がほつれます。

 

 

縫い目がほつれるとどうなるか?これは

SIMMSの初期の本革ウェーディングシューズで

経験しました。ほつれて出来た穴から砂が内部に

入り込み、内部の底の部分がポコッと盛り上がりました。

砂を掻き出して内部の底を平らにするのに

大変な思いをしました。

 

fishing-tackle

 

上部の縫い目も曲がる部分なので弱いです。

そしてここもよく擦れます。

 

 

補強にはアクアシールを使います。

粘着力と硬貨したあとの伸びがあるので

釣り道具の修理や補強には好んで使っています。

 

 

サクッと塗りたくってみました。

 

fishing-tackle

 

fishing-tackle

 

fishing-tackle

 

見栄えが悪くなるのは承知でしたが

酷いですね…

でもしょうがないか…

 

 

シーズン中で使用中だと修理の手間が

倍かかりますのでね。

 

 

次は初めてのスタッド装着です。

 

fishing-tackle

 

取り付ける場所は凄く悩みましたが

画像の5箇所に取り付けました。

 

 

六角のソケットレンチの手持ちがなかったので

どうやって取り付けようか困りました。

 

 

ピンバイスに2.5mmのドリルを取り付けて

フェルトに下穴を開けて、でかいマイナス

ドライバーと力技でスタッドをねじ込みました。

 

 

接着剤はフェルト対応のものを使いました。

ポロッと取れなきゃいいんだけど…

 

 

つま先の3箇所はフェルトソールの減りを

少しでも延ばすためと斜面を登るときの

引っかかりに。

 

 

かかとの2箇所は昨年バナナの皮で滑るように

後方から転倒&転落して骨折までしたので

滑り止めとフェルトソールの減りを延ばすため。

 

 

一応かかとのスタッドは車を運転するのも考慮して

まんなかに装着するのはやめました。

つま先側は車のペダルパッドにダメージを

あたえそうですがペダルパッドを諦めます。

フェルトソールの値段と張替え料金よりは

安いだろう。

 

 

あとは…

ロッドを引っ張り出して

リールにラインを巻いて

移動用のボックスを出して

やること多いな…

早くやれ!ズボラのポンコツが。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.