興味のあるネタ釣っていってね

ウェーディングシューズ丁度良い具合のものがなかなか見つからない…

TOSHIOMAN
WRITER
 
fishing-tackle
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

Chota STL・ウェーディングシューズを購入

 

渓流ルアーのときのウェーディングシューズ選びって凄く迷うし悩みませんか。購入したらなるだけ長い期間が使いたいし、フェルトソールもなかなか減らないものがいいし、その上で柔らかい素材のものが良い。

こんな事ばっかり言われると作っているメーカーさんも大変でしょうが…。

私にもずっとこれを履き続けられたら良いな。と、思えるウェーディングシューズが一足だけありました。

昔のSIMMS製のウェーディングシューズです。今からだと10年以上前のモデルになりますか。GUIDE BOOTです。

現在のリトルプレゼンツのライトウェイトWDシューズのアッパーを本革にして、ソールの幅をワイドにした感じでしょうかね。これが、本当に最高でした。本革のアッパー故に耐久性もあり、水はけも凄く良くてソールの幅もワイドなので、本流から渓流まで対応できるし柔軟性もあって良く曲がる。

凄く気に入って同じものを2足履きつぶしました。が、3足目を購入するか!と、思っていたらあっけなく生産廃止になりモデルチェンジして無くなりました。ガッカリしましたね…。

次に購入したのはSIMMS製のL2というウェーディングシューズです。GUIDE BOOTになるべく近いデザインと柔軟性のあるもので選びました。が、これはハズレでした。ソールの幅もタイト気味でソールから踵までの高さがありよく足首が「コキッ」となって歩きづらかったです。もったいないのでなんとか我慢して履きつぶしましたが、また購入したいとは思えませんでした。

次に購入したのはSIMMS製のクラッシックGUIDE BOOTです。昔のGUIDE BOOTをアップデートしたような感じのもので、サイドのメッシュこそ無くなりましたが柔軟性も少しありなかなか良かったです。そして、このクラッシックGUIDE BOOTを履いているあいだに何気なくオクを眺めていたら旧タイプのG3 GUIDE BOOTの一度しか履いていない中古が出ていたので、購入して現在履いています。

この現在履いているG3 GUIDE BOOTが最悪なんです。

 

fishing-tackle

 

お買い得だしサイズも問題なかったので購入したんですが、水はけがすこぶる悪くて足を上げるのが億劫になるほど重いんです。アッパーが本革で耐久性があるのでもう履くのが嫌になってるんですが、なかなか壊れない。我慢して頑張って履いているので、フェルトソールもも少し減れば終わりというところまできました。多分来シーズンの途中でダメになるので次のウェーディングシューズを購入しておこうと思いました。

 

fishing-tackle

fishing-tackle

悲しいくらいに小さい水抜き穴…。

 

ずっと水はけが悪く重いSIMMS製のウェーディングシューズを履いてきたので、次は水はけが良くて軽いウェーディングシューズを購入しようと思いました。

目をつけたのはリトルプレゼンツのライトウェイトWDシューズです。実店舗に行き実際に触って感触を確かめたりしてきたんですが、柔軟性もあり水はけも最高に良いよいうに思えました。そして、値段も安くてさらに最高に思えました。

店でさんざん眺めて考えて購入しないで帰ってきてしまいました。

ライトウェイトWDシューズは柔軟性がありすぎるんです。柔軟性がありすぎると逆に耐久性が落ちるんですね。これは、渓流ルアーを始めたときにアングラーズハウスのキャンバスウェーディングシューズを履いていた経験からよくわかっています。

よく曲がって足に吸い付くような履き心地があるけど、耐久性はまったくなかった。つま先から少し後ろの甲の部分の両側が折れ曲がりに耐えきれなくて穴が空いてしまったんです。

もう少し耐久性のあるものはないのかな?と、探したら良さそうなものがありました。

こちらです。Chota STL・ウェーディングシューズ。なんとか国内で在庫がある店を見つけて購入することができました。

 

fishing-tackle

fishing-tackle

fishing-tackle

 

Chotaのワンタッチシューレースです。ゴム紐ですね。家でウェーダーを履いて試し履きしてみたら、案外強めにシューレースを締められたので川でも問題ないかと思います。

 

fishing-tackle

 

Chotaも柔軟性があるので、問題点は指で指している部分だと思います。SIMMSのGUIDE BOOTも自分で縫ったりして補修して履いていました。

補修しているときに釣りに行けなくなるのは嫌なのでスペアとしてもう一足購入しておきました。Chotaは国内では販売している店が少なく、代理店のアングルさんから購入しようと問い合わせてみてもアングルさんにも在庫がなく納期未定の返事でしたので個人輸入でアメリカから取り寄せました。

 

fishing-tackle

 

標準でスタッドが付属してくるようになりました。

 

fishing-tackle

 

わかりますかね?少しモデルチェンジしてスタッドをねじ込めるフェルトソールになっています。

 

fishing-tackle

 

拡大画像です。フェルトソールの減り防止につま先にスタッドをねじ込めますね。モデルチェンジ前のただのフェルトソールでもやろうと思ってたので、最初から取り付けられるようにしてくれているのはとてもありがたいです。

 

fishing-tackle

 

モデルチェンジ後もソールの変更のみで外観は変わりありません。

 

fishing-tackle

 

一緒にリペアのシューレースも購入しておきました。

 

fishing-tackle

 

リペアシューレースと共にスタッドも購入したんですが、こちらは付属するなら要らなかったですね…。

 

国内ではChotaを扱っている店も少なく、代理店も力の入ってない販売なのでまとめてアメリカから個人輸入してしまうのも手かと思います。革物の靴なので課税されてしまうかと思いましたが、今回は課税無しで購入できました。が、次は課税されてしまうかもしれませんね…。

以前に釣りに一緒に行っていた方に「ある程度履いてボロになったら、フェルトソールの張替えなんてしないで新しいの買って履いたほうがよくない?」と言われたことがありますが、私は、気に入ったものを修理しながら長く使うのが好きなので耐久性のある本革アッパーのChotaを選びました。

リトルプレゼンツのライトウェイトWDシューズが少し値段が高くなっても本革アッパーで出してきてくれたら最高なんですがね…。本当にウェーディングシューズを選ぶとなると悩みますね。

あと、マメ知識になりますがSIMMSのウェーディングシューズのフェルトソールは少しグリップは弱いですが、フェルトソールの耐久性はずば抜けていると思います。購入するときには値段が高いですがフェルトソールの張替えは長期間最初のものでもちますよ。ただ、水はけに関してはよくないですが…。

 

fishing-tackle

 

現在3シーズン目ですが、まだ、一度もフェルトソールの張替えをしていません。

 

fishing-tackle

 

SIMMS フェルトソールの耐久性に関しては凄くおすすめできます。水はけがな….。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.