興味のあるネタ釣っていってね

汗臭いウェーダーで尺ヤマメを釣ったが撮影時に逃亡…ふと思ったがリュウキ純正トレブルフックは刺さりが良いよな!

TOSHIOMAN
WRITER
 
fishing-neta
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

長い間イトウクラフトの#12の純正フックが最高だと思ってきたがリュウキ純正トレブルフックのほうが刺さりが良いよな!なかなか売ってないのが痛い…

 

臭いウェーダーで釣りに行き

汗でオシッコを漏らしたような

下履きパンツでとてもキレイな

尺ヤマメを釣りました。

でもデートに行く途中だった

のかスマホを構えた瞬間に

ランディングネットから

ジャンプ一発で川にお帰りに

なりました。

 

写真だけ撮らせてくれよ~

 

とまあ…汗臭い奴のたわごとは

捨てておいてと。

 

 

渓流アップストリームのヤマメ釣り

で一番大事なのがフックだと

思っていまして…

絡め取りと貫通力重視です。

 

 

この絡め取りと貫通力重視で最強

だったのがジャクソンのトラウト

チューンに装備されていた

カルテイバのST-11#12の

トレブルフックです。

 

 

極細軸のトレブルフック。

ただこのフック軸が細いので

めちゃくちゃ弱かった。

すぐ伸ばされちゃうんです…

 

 

それではと思い同じ同メーカーの

ST-36BCに交換するとフックの軸

が太いので刺さりが悪い。

なかなか貫通しない…

それと太軸フックなのでルアーを

沈めて使って引っかかるとフック

を伸ばせない。

いわゆる丈夫なフックですね。

 

 

このフック鬼アワセができて絶対に

掛けた魚は逃さないぜ!

という方には向いていると思います。

ですが私には使いづらかった…

 

 

なにか良いトレブルフックはない

かな~と思っていた矢先に発売に

なったのがイトウクラフトの純正

トレブルフックでした。

 

 

蝦夷と山夷のフックの刺さりの良さ

が気に入っていましたし

量も沢山入っていたので私も

飛びついて購入しました。

 

 

それと同じくして発売になったのが

スミスのDコンタクトの純正フック

です。こちらは最初5コ入でしたね。

 

fishing-neta

 

Dコンタクトのフックも刺さりが良い

な!と思っていましたがおそらくこれ

同じ会社が作っているんじゃないかと

思っています。

 

fishing-neta

 

右が蝦夷で左がDコンタクトです。

同じですよね?これ。

まあ…伊藤さんとスミスは繋がり

あるんだけどね。

 

fishing-neta

 

Dコンタクトのフックも刺さりは

抜群に良いですもの。

軽い力でも掛けアワセが決まります。

 

 

そして最近フックの刺さりがさらに

抜群だなと思ったルアーが

スピアヘッドリュウキでした。

この純正フックが素晴らしい!!

 

fishing-neta

 

どちらのフックも良いんだけど

どちらか選べと言われれば

リュウキの純正フックですかね。

 

fishing-neta

 

ピンボケすみません。

上からだとわかりずらいですね。

 

fishing-neta

 

並べたものだとよくわかります。

 

fishing-neta

 

フックの先端からカエシまで長さが

ありカエシは小さなマイクロバーブ

仕様です。

なのでサクッと刺さり貫通しやすい。

まさにアップストリーム仕様。

 

fishing-neta

 

上がリュウキで下が蝦夷です。

カエシの大きさの違いがよく

わかるかと思います。

フックの形状はほぼ同じですかね。

 

ryuki_hooks

出店:DUO International リュウキ純正トレブルフックより引用

 

これ凄く良いと思うんですが惜しむ

のがなかなか売っていないこと…

 

 

これは売っているのを見かけたら

まとめ買いしておいていいもの

だと思いますね。

もしなかなか手に入らないときは

イトウクラフトの純正フック

もしくはスミスのDコンタクト

純正フックもおすすめです。

 

 

ちなみにイトウクラフトのルアーを

メインに使っている方は

イトウクラフトの純正フック赤黒を

使ったほうがいいです。

ルアーの形が同じでウェイトが違う

のでどれがヘビーシンキングで

どれがノーマルウェイトなのか

わからなくなってしまうからです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.