興味のあるネタ釣っていってね

台湾のヤマメ タイワンマス(櫻花鉤吻鮭) 絶滅危惧種になっているのか…

WRITER
 
fishing-neta
この記事を書いている人 - WRITER -
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

タイワンマスはヤマメ、アマゴ、ビワマスの仲間 残ったのは正直奇跡だと思う

 

正直なところ台湾にトラウトは

いないと思っていた。

だって…パイナップルが育つ

ような温暖な気候でしょ。

 

 

個人的に台湾というとどうにも

タイワンドジョウのイメージが

浮かんでしまう。

ライヒーだね。

カッコかわいいのだ!!

(雷魚も好きなのです)

 

 

それでふとヤマメってどこまで

分布しているのか気になって

少し調べてみて驚いた…

台湾固有種のヤマメの仲間が

存在しているのだ。

 

 

日本のヤマメと酷似はしているが微妙

に違うんですね。

最大の特徴は生熟して産卵できる

ようになったとしても魚体の大きさが

それほど大きくならないというところ

でしょうか。

それとパーマークを残したままという

のも特徴的ですね。

 

 

さほど詳しくはありませんがこれって

完全陸封型ということなんですかね?

海に降りて戻る個体はいない?

 

 

ヤマメ→サクラマスほどではない

アマゴ→サツキマスくらいの魚体

の大きさになるとしても海に降りる

ならばパーマークは消えるだろうし

魚体も40cm超くらいにはなるはず

だよな?

 

 

ということは…やっぱり海に

降りている個体はいないということ

なんでしょうかね??

ヤマメ系はもともとよくわからない

魚だと思っていますがさらに

わからない??

(釣っているわりに)

 

 

現在でも絶滅危惧種になっていて

種を保全しようと懸命な活動が

おこなわれています。

 

 

懸命に活動しているこの動画を見ての

個人的な感想です。

 

感動した!!

 

ヤマメ好きの人間として。

 

 

そしてついでに思う。

おい!!

日本の漁協よ安くはない遊漁料

を支払って釣りをしているんだ

ちゃんと放流しやがれ。

面倒がって一箇所に放流するん

じゃない。

頼むからバラバラの場所に放流

してくれ。

集めた金で酒飲みばかりしてるん

じゃない。

 

と言いっつも無理か…

年寄りばかりだろうしな…

 

この記事を書いている人 - WRITER -
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2021 All Rights Reserved.