興味のあるネタ釣っていってね

Abu ZENON 2000SH ローターブレーキ修復してみた グリスが回っていたよ! 

WRITER
 
reel
この記事を書いている人 - WRITER -
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

Abu ZENON 2000SH ローターブレーキが効かないときはローターブレーキリングにグリスが回っています 修復するとかなり効くローターブレーキになります

 

Abu ZENON 2000SHを購入して

ローターブレーキの効きが悪くて

これじゃDaiwa EXISTと同じ

じゃん!と思ったので修復する

ことにした。

 

 

おおよそグリスかオイルの仕業

じゃないか?と思っていたので

とりあえずローターを外してみる

ことにした。

 

 

だが…

いつもの癖で結局ハンドル以外

全バラに。

 

reel

 

reel

 

先に結論を言うとローター裏の

トリッププランジャーピンの

可動部の部分にてんこ盛りで

グリスが塗られていてそれが

ローターブレーキリングに回って

私の個体はローターブレーキの

効きが弱くなっていたという

ことです。

 

 

グリスの回りがひどい個体だと前記事

の個体のように一切ローターブレーキ

が効かなくなります。

スピニングリールでフェザリングを

して使う場合ローターブレーキが

効かないと使いづらいことこの上ない

んですよね。

 

 

グリスが回っているとこのように

ヌラテカと光って見えます。

 

reel

 

リールのボディまでグリスが回って

います。

外側の丸い部分にローターブレーキ

リングがはまります。

 

reel

 

これがローターブレーキリングです。

グリスが付着しているのが

わかりますね。

 

reel

 

これがN-Rカムです。

ベールオートリターンのパーツです。

こちらにもグリスが付着しています。

結局このパーツにもグリスが付着

しているとローターブレーキリング

までグリスが回るようになるんですね。

 

reel

 

この2つのパーツが重なって付くように

なっているのですね。

なので両方綺麗にしないと

ローターブレーキが効きません。

 

 

ローターブレーキの効かない個体に

当たってしまっても全バラする必要

はありません。

まずはスプールを取り外します。

 

 

次にメインシャフトに付いている

スプールクリックリテーナーや

ベアリングを外します。

(キッチンペーパーなどの上に外した

順番通りに並べておくといいです)

 

 

そしたらローターナットのロック

スクリューを取り外してナットを

緩めます。(逆ネジ)

するとローターが外せます。

 

 

ローターの裏のトリッププランジャー

ピンの可動部のてんこ盛りのグリスを

キッチンペーパーで綺麗に拭います。

(少しだけ油分は残してください。

金属とゴムがあたるので)

 

 

次はローターブレーキリングとN-Rカム

に付着しているグリスを綺麗に拭って

脱脂します。

(折りたたんだキッチンペーパーや

綿棒にブレーキクリーナーをつけて

繊維抜けに注意して作業して

ください)

一応プラスチックとゴムなので

こちらがおすすめです。

 

reel

 

綺麗にグリスが取り除けて脱脂できたら

ローターを元通りに組み付けます。

ローターナットの締め込みに注意

してください。

キツすぎず緩すぎずです。

ハンドルを取り付けて回してみて

どこかに擦れたような音がしないで

かつローターがガタガタしない加減

の締め込みが適切です。

できたらロックスクリューを

取り付けます。

 

 

外した順番と逆にスプールクリック

リテーナーやベアリングを元に戻して

いきます。

(組む順番を間違わないように)

 

 

スプールを取り付けてハンドルを

回して再度確認です。

どこかに擦れて音がしていないか?

ドラグはちゃんと効くか?

最後にローターブレーキが効くか?

これで終わりです。

 

 

これはあるあるですが…

まあ…リール内部は相変わらず

グリスてんこ盛りです。

ドラグ部分もてんこ盛り。

 

reel

 

reel

 

reel

 

reel

 

reel

 

reel

 

せつかくなのでグリスとオイルを

塗り替えました。

使っているうちにリールがギトギト

してきますからね…

元に戻して完成です。

 

reel

 

バラしやすくて組みやすいリール

でした。

六角スクリューが地味にムカつく

けど…

 

 

それで肝心のローターブレーキは?

というとこうです。

まずはハンドルはこの位置でベール

を開いてロッドにセットしたリール

の状態でビュンビュン振ってみます。

 

reel

 

reel

 

reel

 

ローターブレーキが効いています。

次はハンドルの位置はこれで。

 

reel

 

reel

 

reel

 

これもちゃんとローターブレーキが

効いています。

次はハンドルの位置はこれで。

 

reel

 

reel

 

reel

 

これも大丈夫です。

次はハンドルの位置はこれで。

 

reel

 

reel

 

reel

 

ローターブレーキの修復前は

ビュンビュンロッドを振っただけで

ローターが回ってフェザリング

できなかったんですが修復後は

どんなハンドルの位置でも

ローターブレーキがしっかり効く

ようになっています。

 

 

スピニングはハンドルの位置に

気をつけろ!は当然なんですが

いざ釣り場で熱くなるとそんな

こと頭から消えちゃうんですよね!

なのでズボラにはどんなハンドルの

位置でもしっかり効くローター

ブレーキが大事ですね。

ヘタクソですからね(笑)

 

 

とりあえず

Abu ZENON 2000SHは使える

ようになったので来シーズンから

デビューですな。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2021 All Rights Reserved.