興味のあるネタ釣っていってね

リールカスタム Revo BLACK9

TOSHIOMAN
WRITER
 
リール
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

Revo black9

 

 

reel

reel

reel

reel

reel

 

カスタム内容

•スタジオコンポジット 88mm RC-SC EX PLUS カーボンラバーコーティングノブ(ノブ R27XL) ゴールド

•HEDGEHOG STUDIO   オフセットスタードラグ   SD-REV-SF ゴールド

•HEDGEHOG STUDIO   カラーメカニカルキャップ ゴールド

•HEDGEHOG STUDIO   レベルワインドキャップ REV   ゴールド

•HEDGEHOG STUDIO   レベルワインドシャフト REV3  ゴールド

•HEDGEHOG STUDIO    カラーマグダイヤル   ゴールド

•ZPI  NRC923IB M G (ショップオリジナルカラー)

•純正NO 1302687 EAR WASHER 取り外し(軽量スプールの破損防止でドラグを滑らす為)

•純正NO 1281218 DRAG WASHER 1枚取り外し(軽量スプールの破損防止でドラグを滑らす為)

•部品取りリールより純正NO 1372155 WASHER 追加(ドラグノブのメカニカルキャップ接触防止で高さ調節の為)

•ドラグパワーダウン 7kg〜5.5kgくらいかな…(軽量スプールの破損防止でドラグを滑らす為)

•ウォームシャフトベアリング純正取り外し(ベアリング1コ欠品の為)

•部品取りリールよりウォームシャフトベアリング2コ取り外し 洗浄、グリスアップ、組付け

•ZPI モラムAE74 ドラグファインチューンの手法でドラグを滑らせる為にワッシャー両面にドラググリス塗り込み

•IAR 無限精機 B0340 スーパーワンウェイグリス

•オイル ios07&ios02

•グリス iosギアグリス

•ドラググリス iosしろくま(ドラグワッシャー両面に)

 

今更感はありますが、リール自体は1年程前に購入していました。パーツも全て揃っていました。面倒くさがりで組み上げなかったんです。組み上げないうちに新型が発売になり、やっと重い腰があがりました…

ブラックバスのパンチングの釣りなんてやらないのにこのリールを購入した訳は、SIMANOのカルカッタコンクエストBFS HGとアルデバランBFS XGが凄いな!と、思ったからですね。コンクエストの金属ボディ、アルデバランのギア比。スプール内側で磁力を発生させる仕組み。流石メイドインジャパン。素晴らしい。

素直に購入すれば良いんですがね…そこはへそ曲がりの性分でして…

自分で組んでみようとなりました。ベースのリールを選ぶんですがBFSで合わせれば、Revo LTX-BF8になりますか。ギア比もアルデバランBFS XGと同じくらいです。しかしメインギアの素材がダメ。ジュラルミン製です。ジュラルミン製のメインギアはモラム時代に懲りています。

ならばRevo ELITE IB ROCKET9ならアルデバランBFS XGよりも上のギア比だな。と、これもジュラルミン製のメインギアだし…う〜ん…

で、Revo BLACK9です。これならブラス製のメインギアですし、ギア比もアルデバランBFS XGよりもハイギアです。それにボディは金属です。コンクエストには及びませんが…で、これにしました。

ハンドルは純正95mmから88mmにダウンしたので、トラウトでダウンストリームで使う場合に巻き重りがあるだろうと思い、ノブの大きなスタジオコンポジット製を選びました。おそらくこれで巻き重りがあってもノブをギュッと握って巻けると思います。

軽量スプールを組み込んだので、スプールが壊れないようにドラグパワーも落としました。更にドラグワッシャーの両面にグリスも塗り込みました。これで、渓流のアップストリームの釣りから、狭めの本流ダウンストリームの釣りに対応できるかな?と、思います。

このリールは新品で購入しましたが、今までで一番酷かったです。

ウォームシャフトのベアリングは標準搭載は2コですが1コ欠品でした。ハンドルの上下のワッシャーも1コ欠品。レベルワインドギア下のワッシャーは1コ多い。スェーデンのおばちゃんも組み込みは適当ですが、韓国のおばちゃんはさらに酷い組み込みでした。

組間違いやワッシャーの欠品は当然の事として受け止めますが、ベアリングの欠品は初めてでした…

もしかすると、現在使用されているRevo BLACK9や、これから購入される方のBLACK9のウォームシャフトベアリングも1コ欠品のリールがあるかもしれません。バラして確認されたほうがいいかもしれません。同じおばちゃんの組み込みラインだとしたらまだまだあるかもしれませんね…

私のリールのカスタムは車のカスタムと同じです。あくまでも自分用にです。

みなさんのリールのカスタムのサンプルにして下さい。

 

追記

インプレになりますが、このBLACK9はやはりクラッチがウィークポイントです。モデルチェンジしたBLACK10がクラッチを強化して出してきた事を考えれば発売当初からABUはわかっていたんでしょうね。私もその噂は知っていたのでハンドルは慎重に選んだつもりでしたが、やはりダメでした。クラッチ戻りがおきました。力が入れやすく軽いハンドルということで奮発してスタジオコンポジット製の88mmを組み込みましたがこれでもダメでした。キャストで早いモーションでクイックに投げると起きやすいので、あまり力を入れずにゆっくり目のモーションで投げれば大丈夫です。それでもイライラする時はスタジオコンポジットのハンドルのノブのみ25サイズ(現在は27)に変更しようかとも考えています。

渓流ルアーで使用しているためルアーは4g〜6g程度の重さしかなかったので、メインギアとピニオンギアにはダメージはありませんでしたが、重いルアーをキャストしていてクラッチ戻りが起きたらと思うとゾッとしました。クラッチ戻り…最近だとDaiwaのシュラプネルで多発して誰も購入しなくなりましたね…

新型のBLACK10が発売されて安くなっているからとBLACK9を購入される方は、クラッチ戻りが起こることを覚えておいて下さいね。お金に余裕があるならばクラッチの強化されたBLACK10のほうを購入されることをオススメします。

デメリットが先になってしまいましたが、クラッチ戻り以外は非常に快適でした。まず、9のギア比です。私の通う河川はいわゆるダム下になります。農業関連で常時水を流すので河川の流れは重く速い流れになります。一応、大渓流の分類のような河川なので基本はアップストリームで釣るんですが、ここで高いギア比が生きてきます。以前はRevo LT-Lを使用していたのでアップストリームでの釣りはハンドルを巻くのが凄く忙しかったんですがBLACK9だとゆっくり巻けます。まあ、当然ですね。楽です。

あと、ハンドルですね。スタジオコンポジットの88mmを選びましたが、こちらも良かったです。やはり、ダウンストリームの釣りや抵抗の大きいルアーの場合巻き重りします。大きいノブの恩恵が最大に生きました。これは、クラッチ戻りの症状と対になってきますが…大きなハンドルだと巻き重りしないで巻ける、しかしクラッチ戻りは起きやすい悩ましいところです。

デメリットもあるしメリットもあるリールです。でも、悪くないですねBLACK9。

BLACK9の重さが気になるならば、ROCKET9にBLACK9のメインギアとピニオンギアを組み合わせるのもありかと思います。ダウンストリームの釣りや抵抗の大きなルアーを投げたときに効いてきますよ。ROCKET9純正メインギア2000円はいただけません。値段的にも弱そうです。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.