興味のあるネタ釣っていってね

SUREFIREから新作の内蔵バッテリーフラッシュライトが発売 SUREFIRE  STILETTO PRO

TOSHIOMAN
WRITER
 
military
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

SUREFIRE  STILETTO PRO 

 

少し前に発売されたSUREFIRE  STILETTOの

上位モデルになります。

明るさは200ルーメン明るくなり最大1000ルーメンです。

 

 

出力3段階切り替えで

•高1000ルーメンで1時間

•中300ルーメンで1.5時間

•低25ルーメンで23.5時間

になります。

 

 

内蔵バッテリーのハイパワーモデルになると

内部のバッテリーはリポバッテリーになってきますね。

そうなると怖いのは落下による衝撃と

本体の破損による内部のバッテリーの爆発。

 

 

それを極限まで高めたフラッシュライトに

なりますかね。

 

military

出典:SUREFIRE  STILETTO PROより引用

 

私が気になったポイントとしてこ奴には

ウェポンライトよろしく

 

テールスイッチ

 

が備わっています。

 

 

本体ボディも小型のためEDC向きでしょうね。

EDC=Everyday Carry

毎日持ち歩くモノですかね。

 

 

ちなみに私のEDCライトは

SUREFIRE FURY DFTになります。

 

 

今どきスマホのライトで十分だろ!

と言われるとたしかに…なんですがね。

好きなんですよ。

 

 

SUREFIRE  STILETTO PROは下位モデルの

SUREFIRE  STILETTOよりもボディサイズ

が大きくなります。

このあたりがEDCとして使うなら「さて?」

となりますかね。

 

 

大きさとカッコよさと明るさで選ぶか?

コンパクトで安さで選ぶか?

 

 

ちなみに下位モデルのSUREFIRE  STILETTO

はこちらになります。

 

military

出典:SUREFIRE  STILETTOより引用

 

こちらも下位モデルとはいえちゃんと

テールスイッチが備わっています。

 

 

 

こちらも3段階切り替えで

•高650ルーメンで1.75時間

•中200ルーメンで2時間

•低5ルーメンで30時間

になります。

 

 

こういうのが好きな方なら間違いなく

ゴツさで上位モデルを選ぶんでしょうが

個人的には下位モデルのほうが

すべてのバランスがとれているような

気がします。値段がな…

 

 

SUREFIRE  FURY DFTを使っている

私としてはバッテリーを入れ替えること

なくそのままでUSBケーブルで充電できる

これらのモデルはズボラ的に魅力的に

見えてしまいますかね…

「しっかりしろズボラ」

 

 

購入に関しては国内正規代理店

から買うのをおすすめします。

私のSUREFIRE  FURY DFTは

初期不良品でした。

ちゃんと対応して頂けましたよ。

これが個人輸入なら大変でしょうね…

とはいえ本国購入よりも国内正規品は

お高くなるのが実情。

なんだかな~と言うのはありますね。

 

SUREFIRE国内正規代理店

SUREFIRE JAPANはこちら

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.