興味のあるネタ釣っていってね

渓流とサクラマス釣りのラインについて スプーンを使わないなら…

TOSHIOMAN
WRITER
 
fishing-tackle
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

PEラインからナイロンラインに戻ってしまった

 

みなさんラインってなに使ってますか?PEですか?フロロですか?ナイロンですか?

私はPEラインからナイロンラインに戻ってしまいました。スピニングで渓流とサクラマス釣りをしていた頃はPEラインでやっていました。PEライン。良いですよね!感度がメリットですが、私は強度面が好きでした。なんて言っても少しぐらいの根掛かりならフックを伸ばしてルアーを回収できるんですもの!これは大変助かりましたよ。

一日の釣行でルアー3個から4個も無くすと結構凹みますよね…。人によっては2個くらいでも凹みますか…。

本当にデカイ鮭&鱒って厄介な場所や深場に着くのでルアーを無くすことが多いですよね、これがPEラインなら回収できるんですから使わない手はありませんよね。

しかし、ベイトになってからはナイロンラインに戻りました。使うルアーも関係しています。

ミノー、ジョイントミノー、バイブレーション、シャッド、シャロークランク、スピナー、スプーン。渓流ルアーなんですがバス釣りみたいですね…。

この中のスプーンがナイロンラインに戻ってしまった理由なんです。

渓流ルアーをスピニングでPEラインを使っていた頃はリーダーをナイロンラインで5ヒロとっていました。超ロングリーダーですね。理由がスプーンの釣りでラインにドラッグをかけて沈めながら送り込んで、魚の頭の前でU字ターンで誘いたかったからですね。

スプーンの釣りでリフト&フォールだけしか使わないのならショートリーダーでもかまわないのかもしれませんが、私はスプーンをスイミングでも使いたかったんです。

これをベイトリールに切り替えたときにそのまま移行してみたんですが、みなさんが思っているようにうまくいきませんでした。

リーダーを5ヒロもとるんです。おのずとスプールにまでリーダーを巻き込むことになりますね。

スプールまで巻き込むと、リーダーとの結束部分まで巻き込むことになります。結果、特大のバックラッシュです。

はい。リーダーとの結束部分が引っかかって邪魔をしてスムーズにラインがでていかないんですね。引っかかった部分はそのままで、引っかかっていないラインは出ていこうとする。

うすうす自分でもわかっていたので当然といえば当然なんですがね。

これがスピニングならばトラブルにならずに大丈夫だったんですがね…。難しいですね。

う〜む…。

リーダーが無いとラインにドラッグをかけてスプーンを流せないので悩みましたね。もう三択しかありませんでした。ショートリーダーにしてリフト&フォールだけでスプーンを使うか。スプーンは使わないようにするか。PEラインは使わないでナイロンラインに戻すか。

 

悩んだ結果は スプーンは絶対必要なのでナイロンラインを使用する でした。

確かに根掛かりルアーの回収はできなくなりますが、デカイ魚を掛けることのほうがもっと大事ですから。

 

渓流とサクラマス釣りでベイトリールを使う場合のおすすめのナイロンライン

 

スピニングでのPEライン使用時の前に使っていたナイロンラインはバリバスのスーパトラウトアドバンスのVEPとサクラマス用にゲームでした。

スーパトラウトアドバンスVEPは私の使用法が悪いんですが、一日中川を歩いて渓流釣りをしているとスナップとの結び目を何回も結び直さないと劣化して切れますよね。これが元で結構な頻度でキャスト切れをしてミノーだけ対岸に飛んでいったりしたことが多かったんですね。回収できなかったものも結構あります…。

まあ、これもあってPEラインにしたのもあるんですが。

この出来事もありベイトリールにどのナイロンラインを巻こうか少し調べたんですが、太いナイロンラインを使うバス屋さんの評判が良いサンヨーナイロンのGT-Rシリーズを使ってみることにしました。

良かったです。ズボラな私でスナップとの結び目もあまり結び直さないんですが、劣化してキャスト切れを起こすことはありませんでした。

GT-Rピンク6lbに関しては軽い根掛かりでしたがフックを伸ばしてミノーを回収することもできました。(PEラインじゃないので間違いなくラインが切れると思っていました)自分でもビックリしました。

GT-Rピンクは強度あるんですが、渓流域で使うとルアーのトレースコースがあまり良く見えません。強度のあるナイロンラインなんですが…おしい…。

 

なので渓流ベイトでナイロンを使う場合のおすすめは

 

fishing-tackle

 

GT-Rトラウトエディション スーパーイエロー 6lbです。渓流域において視認性は大事です。以前に根掛かりの回収目的で8lbを使ってみたんですが、根掛かり回収はできたが飛距離がガクンと落ちてイマイチでした。

飛距離まで考えると6lbが限界のようです。

 

Yahoo ショッピング GT-R TROUT EDITION 6lb スーパーイエローを検索

楽天市場 GT-R TROUT EDITION 6lb スーパーイエローを検索

 

あと、ラインは沢山巻かないで50mずつ巻いて使ったほうがお得です。

 

fishing-tackle

 

デプスチェッカーを使うと50mずつ巻いて使えます。

 

fishing-tackle

 

ロッドに挟み込んで使用します。

 

Yahoo ショッピング プロックス デプスチェッカー ホワイトを検索

楽天市場 プロックス デプスチェッカー ホワイトを検索

 

サクラマスの場合は川幅も開けていてラインの視認性も良いので、GT-Rのピンクを使います。16lbといきたいのですが、これもやはり軽いミノーや半ディープまで含めて投げるので飛距離も少しは欲しい。で、12lbを使っています。

 

Yahoo ショッピング GT-R PINK-SELECTION 12lbを検索

楽天市場 GT-R PINK-SELECTION 12lbを検索

 

現在ではサクラマス釣りならまだしも渓流でスプーンを投げる方々は少なくなっているかもしれませんが、いまだに私はスプーンが手放せません。何故?と言われると確かな答えはできませんが、スプーンにしか反応しない魚もいるのは事実です。

散々ミノーで誘って出なくて、フォローで投げるスプーンに一発で出るとか…。

逆にスプーンメインで投げていくとバンバン出てくるとか…。これは、プラグにスレている場合ですね。

確かにプラグの性能もあがり投げやすく釣りやすくなっていますが、スレるのも早いような気もします。

みなさんも古の名品スプーンを使ってみると良いことが起きるかもしれませんよ!

その場合はPEラインではなくナイロンラインをおすすめしますが。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.