興味のあるネタ釣っていってね

ロシアのヤマメ Сима и пеструшкиと呼ばれています ヤマメからサクラマスへ

WRITER
 
fishing-neta
この記事を書いている人 - WRITER -
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

ロシアでのヤマメの呼び名はそのままズバリです Симаは変わりなく大きさで呼び名が変わるのかな? ヤマメが生きていくうえで最適な環境なんだろうね 

 

ロシア語でサクラマスの呼び名は

Симаです。

そういえば…

今から10年以上前にDaiwaから

ロシア語のサクラマスの呼び名

のСимаを冠したロッドが発売

されました。

「シーマ」「スィーマ」

本波幸一さん監修で。

 

 

ロシアでのヤマメの呼び名はズバリ

Сима и пеструшкиです。

「サクラマスの」までは解釈

できましたがそのあとを翻訳すると

「乳棒」となってしまいます。

まったくロシア語はわからない

んですが想像でものを言えば

「幼魚」「子供」あたりなのかな?

と思っています。

 

 

ロシアでもヤマメとサクラマスは貴重

な商業種として扱われ川での釣りも

許可を得た人しかできないようです。

遊漁許可制ということはライセンス

料を支払うんでしょうかね?

日本と同じなのかな?

 

 

 

幼魚や子供のうちはほぼみなさん

リリースされているようですね。

大きく育ってこそですね。

 

 

そしてこれが中間の個体ですね。

Сима и пеструшкиからсимы

やсимойへ魚体の大きさも

ほどほどですね。

 

 

 

日本のヤマメの感覚からいうと

ほどほどではなく「デカイな!」

なんですけども…

このサイズが数釣りができるのも

驚愕ですけどね…

いや…マジで凄いね…

 

 

いよいよサクラマスСимаになって

海から遡上してくると60cm

オーバーの魚体になってきます。

 

 

 

海上でのトローリングによる釣りも

盛んにおこなわれていますね。

ロシアのアングラーもこれは

リリースしませんね。

食べておいしいのは間違いない!

 

 

Сима и пеструшкиからСимаへ

その究極の姿がこちらになります。

 

 

ヤマメの雄からサクラマスの雄へ

海に降りて川に戻って産卵へ。

日本国内でも見たり釣られたり

していますが体高と色が凄いね。

カラフトマスの雄にも負けない

んじゃないかと思う体高。

水中だと真っ赤に見えて水中から

出ると乳白っぽい色に見える

んだよね。

極まれにこういうヤマメが

いますよね。

やっぱり山女魚ってカッコいいな~

 

この記事を書いている人 - WRITER -
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2021 All Rights Reserved.