興味のあるネタ釣っていってね

渓流ベイト 今シーズン用に新しくロッドを購入してみたSTRIDE ONE VSCG-56M

アバター画像
WRITER
 
rod
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

情熱は年々だだ下がりなので自分の気持ちを向上させる為に道具を買うのだよ バモノス STRIDE ONE VSCG-56M 元ZEAL柏木さん

 

元UFMウエダで現M&N corporation代表

の西村雅裕さんが昨年12月29日に永眠

されました。

長きにわたりトラウト界を牽引して

唯一無二の曲げて獲るロッドを作って

きた偏屈物。

あちらでも綺麗な弧を描くロッドで

大物を仕留めてください。

すげ~ロッドでしたよ!!

合掌  

 

お前またロッド買ったのかよ!

いっぱいロッドあるじゃね~か!

と言うツッコミはあるでしょうけど

そこはまあ…ということで…

 

 

何十年もこれだけを趣味にしていると

始めた頃の情熱はどこへやら?

という感じでぶっちゃけて言いますと

飽きてくるんですよ。

 

 

四六時中頭の中でヤマメが泳いでいる

ような情熱は薄れていく。

理由は色々あります。

お気に入りの川に行きている限りは

二度と行けなくなったこと。

毎年のように起こる災害による河川

の破壊。

ネコソギマンによる乱獲。

他にもたくさん…

 

 

始めた当初の情熱が100%だったとすると

良いとこ今は40%くらいでしょうかね。

これを金の力を借りて物欲から情熱へと

変換して自分の気持ちを向上させると

いうわけです。

(案外みんなこんな感じかもね)

 

 

ということで購入したロッドはバモノス

STRIDE ONE VSCG-56Mです。

元ZEALの柏木さんがやっているメーカー

のロッドです。

 

 

私自身はバスもやっていましたが

トップウォーターのみということは

なくプラグも使えばワームも使うような

感じでしたので名前は知っていましたが

ZEALの製品は購入したことはありません。

 

 

ただ知り合いが熱烈なズイラーでした。

ロッドからリールからルアーから

アクセサリーまですべて持っていると

いうね。

超コレクターですね。

 

 

当時知り合いの家に遊びに行ったことが

あって持っているZEALのロッドをすべて

振らせてもらったことがあったんです。

各種テーパーのロッドをがあった訳です

けど個人的に気に入ったロッドは

PushWater ALL Rounderでした。

(当時のZEALはアマゾン用のロッドも

ありましたのでロッドのラインナップ

はとても多かった)

 

 

今にして思えばこの当時からあまりにも

ベナベナのロッドは好みではないことが

わかります。

そしてこの知り合いもZEAL倒産から

情熱が薄れていったんでしょうね。

だんだんとトラウトに移行して現在は

バスはやらなくなっています。

 

 

そういえばこの知り合いですがアライくん

大リールとPushWaterロッドとミノーで

ランドロックサクラマスを仕留めています。

これでトラウトの泥沼にハマったんです。

聞いた話では持っているトラウト用の

ベイトのタックルがとてつもないことに

なっているらしいです。

さすがコレクター!

 

 

関係ない話で長くなってスミマセン。

当時は私もスピニングタックルオンリー

でしたので柏木さんが最初に出した

STRIDE ONEは入手できませんでしたが

現在は2代目のSTRIDE ONEになって

グリップ付きのSTRIDE ONEが販売

されています。

 

 

購入したのは2代目のSTRIDE ONEです。

最初に出したSTRIDE ONEと同じに

作ったロッドです。

最初に出したSTRIDE ONEはグリップは

無かったです。

チャンピオンフェルール仕様でした。

 

rod

 

rod

 

2代目のSTRIDE ONEシリーズになって

からロッドのラインナップも増えました。

VSCG-48ULとVSCG-47Lとスピニング

のVSSG-50Lが追加されました。

 

 

渓流ベイトに流用するならULやLパワー

のほうを選びたくなりますけど個人的に

5フィート以下の長さはあまり好きでは

ありませんしなにより動画を見ていたら

昔知り合いに振らせてもらって気に入った

PushWater ALL Rounderの感覚を

思い出したからなんです。 

 

 

それと先にBrightliver QUATREⅡを

使っていたのも良かった。

感覚と使用感がわかっていたので

これなら渓流ベイトに流用できる!

と思ったんです。

 

rod

 

一応ロッドのスペックとしてはこんな感じ

です。

5フィート6インチ

ルアーキャストウェイトは7g~18g

ラインは6LB~14LBです。

表記パワーはM(ミディアム)です。

5フィート以下のロッドのラインナップ

とはガイドセッテイングが違うのが特徴

です。こちら

 

 

ガイドセッテイングはSTRIDE ONE

VSCG-56Mだけ大口径のガイド仕様です。

わかりますかねトップガイドの大きさ。

 

rod

 

これだけ大口径のガイドを使うと素材に

よりチタンフレームトルザイトリング

とかチタンフレームSICリングとか

ステンフレームSICリングとかだと

価格高騰になってしまいますがそこは

ステンフレームの大口径のアルコ

ナイトリングを使うことでうまく価格の

上昇を抑えていますね。

 

rod

 

試しにグリップを取り付けて空振りして

みると大口径ガイドの重さも相まって

軽い入力操作でもロッドティップが

ヒュンヒュンと動かせます。

ですがいつまでも動くわけでもなく

カーボンロッドですので瞬時に動きは

収束します。

 

 

ロッドのテーパーは動画を参考にして

ください。

 

 

レギュラー(ミディアム)っぽい感じで

説明通り完全なパラボリックやスロー

ではありません。

個人的に実際に空振りした感じだと

渓流ベイトに流用するとテーパーは

レギュラーファースト(ミデイアム

ファースト)っぽい感じです。

 

 

当時振らせてもらったZEALのロッド

PushWater ALL Rounderもこんな

感じでした。

(持っていた知り合いもなんでも

いけるんだ!とは言っていたし) 

こんな感じですので5g以下の渓流ルアー

も投げられると思いました。

 

 

グリップは…

これは好みもありますかね。

個人的にはう~ん…な感じですけど

チャンピオンフェルール仕様のほうが

よかったかな。

 

rod

 

これはあくまで想像ですけどグリップ

がないと現在だと売れ行きが悪かった

んですかね?

現在だとブランクスルーが主流ですし

チャンピオンフェルール仕様だと

その筋のカテゴリーの方にしか

売れませんしね。

 

 

うま~く丸形リールとロープロリール

に合うようなデザインにグリップは

作ってあります。

丸形を載せると載っている感は

あるもののパーミングし辛いという

感じはありませんね。

 

rod

 

ただグリップ自体が小さくて小型感が

あるので5000番の丸形を載せると

少しアンバランスなような感じも

します。

 

rod

 

rod

 

こんなにアンバランスな感じだと

ロープロリールを載せたくなるんです

けど私も偏屈物なので大好きな5001c

で使ってみます。

 

 

グリップ付きで価格は39930円(税込み)

ガイドの価格をアルコナイトを使うこと

でうまく抑えてロッドアクションは往年

の名竿PushWater ALL Rounderという

ことでうまく作ったな柏木さんという

ロッドですね。

 

 

少し気持ちも向上したので早くロッド

を川で使ってみたくなりましたよ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2023 All Rights Reserved.