興味のあるネタ釣っていってね

流用 トラウト渓流&本流ルアーベイトロッドで個人的に気になっている4本

WRITER
 
rod
この記事を書いている人 - WRITER -
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

流用してトラウト渓流&本流ルアーベイトロッドとして使うメリットとデメリット NORIES Road Runner VOICE HARD BAIT SPECIAL HB560L&HB511LL deps SIDEWINDER GREAT PERFORMER HGC-610MLXF/GPバーディック BARDICK  RAW DEALER R611RL2[The Misdemeanor]

 

*メリット*

♦ガイドの口径がでかい

(PEライン使用時)

♦フッキング(アワセ)に有利な

ファーストテーパーのロッドが

多い

♦手に入れやすいロープロベイト

リールとマッチングが良い

♦40cmを超えたトラウトを掛けた

場合のされることもなく余裕で

ファイト可能(実体験)

♦渓流から少し広い本流までロッド

一本でまかなえる

♦ヘビーシンキングミノーやディープ

ミノーが扱いやすい

 

 

*デメリット*

♦ファーストテーパーゆえに

投げづらい

♦20~25cm程度の魚を掛けても

おもしろみがない

♦フローティングミノーや軽量

シンキングミノーは扱いづらい

♦向こうアワセの場合はアタリを

弾きやすい

 

 

とまあ…

こんな感じでトラウト渓流&本流

ルアーを始めたばかりの方には決して

おすすめできないロッドばかりには

なりますがある程度トラウト渓流&

本流ルアーをやりこんだ方には

おすすめできるロッドかな?

とは思います。

事実私が気になっているくらい

ですので…

 

 

まずはNORIESから2本です。

 

rod

rod

rod

rod

rod

rod

出典:NORIES Road Runner VOICE HARD BAIT SPECIALより引用

 

渓流用にHB560Lです。

長さ5フィート6インチ

1ピース

ライトパワー

ファーストテーパー

ルアーキャストウェイトが3/16-3/8

(5.3g~10.6g)

適合ラインが8~14lb

 

 

ライトパワーでファーストテーパー

というところでロッドに張りが

ありすぎるかな?とは思ったので

実釣動画がないか探してみました。

 

 

5フィート6インチで12cmのミノー

を投げてトゥイッチアクションで

バスを掛けている動画です。

 

 

やはりロッドの張りは相当ですかね?

魚を掛けてからのロッドの曲がりは

ライトパワーということでキレイに

弧を描きますがね。

コレばかりはね…実際に購入して

使ってみないとわからない…

それとルアーキャストウェイトも

表記より軽いルアーも投げられて

しまったりもしますしね。

 

 

次は同じNORIESから少し長い

HB511LLです。

 

長さ5フィート11インチ

1ピース

ライト-ライトパワー

ファーストテーパー

ルアーキャストウェイトが1/8-1/4

(3.5g~7g)

適合ラインが 8-12lb

 

 

こちらは先のHB560Lと違い若干

マイルドな仕上げのロッドです。

こちらのほうが扱いやすそうでは

あります。

トラウトロッドのライトパワーと

同等かな?

 

 

こちらも実釣動画がないか探したら

ありました。

 

 

軽量ルアーは凄く投げやすそう

ではあります。

それと魚を掛けたときのロッドの

曲がり。

キレイに弧を描きますなあ~。

 

 

これは良いかもしれません。

ただな…ロッドの長さがな…

5フィート11インチです。

ほぼ6フィートだよな…

開けた渓流や少し広い本流じゃないと

ロッドの長さ的に使いづらいかな?

 

 

あまり狭い渓流や広すぎる本流は

やらないよ!

と言うならばイトウクラフト

630LMと似たロッドがNORIES

にもあります。

HB630LLです。

 

長さ6フィート3インチ

1ピース

ライト-ライトパワー

ファーストテーパー

ルアーキャストウェイトが1/8-3/8

(3.5g~10.6g)

適合ラインが8-12lb

こちらも良さそうなロッドでは

ありますね。

 

 

ここからは本流ルアー用ベイト

ロッドです。

まずはdepsのロッドです。

 

rod

出典:deps SIDEWINDER GREAT PERFORMER HGC-610MLXF/GPバーディック BARDICKより引用

 

長さ6フィート10インチ

グリップジョイント1ピース

ミディアムライトパワー

エクストラファーストテーパー

ルアーキャストウェイトが1/16~7/8

(1.7g~24.8g)

適合ラインが8-16lb

 

 

ミディアムライトパワーのロッド

ですが投げられるルアーの幅が広くて

おもしろそうなロッドだと

思いませんか?

個人的に凄く興味があるロッドです。

 

 

こちらもロッドの曲がりを見てみた

かったので実釣動画を探してみました。

 

 

なるほど!

確かに下は1.7gくらいから使える

ロッドみたいですが実際に使うと

なると7gくらいがいいんですね。

 

 

ということは…

トラウトの場合は7cmミノーあたり

がジャストという感じでしょうか。

このあたりだとルアーウェイトが

7g前後ですので。

 

 

そして深場を探りたいときは

18gから上のスプーンも

投げられると。

う~んおもしろいな~

このロッド。

 

 

このロッドをプロデュースした本人

の動画もありました。

 

 

OEM先がZENAQということで

ロッドの重量は少し重くなりますが

パワーがあって丈夫そうでは

ありますね。

鱒が混ざる本流で使いたいです。

 

 

次も本流用ベイトロッドです。

こちらは発売されて少ししか

時間が経っていないのでまだ

動画やインプレなどはありません。

 

 

whiplash factoryのRAW DEALER

からライトパワーのベイトロッド

がリリースされました。

 

 

ミディアムライトパワーが下限の

ロッドラインナップでしたが

ここにきてライトパワーのベイト

ロッドのラインナップ追加です。

(何があった?)

RAW DEALER R611RL2

[The Misdemeanor]

 

rod

出典:HOME > 商品 > whiplash factory > ロッド > RAW DEALER baitcasting model 2pc[ローディーラー ベイトキャスティングモデル]より引用

 

長さ6フィート11インチ

2ピース

ライトパワー

フルステップ・ファストテーパー

ルアーキャストウェイトが6/16-1/2

(10.6g~14g) 

適合ラインが8-12lb

 

 

となっていますが商品説明では

7~10g程度のミノーが適合

するようです。

こちらもトラウトの場合は7cmの

ミノーが丁度いい具合ですね。

 

 

でもなんか…おかしい…

ライトパワーのロッドにしては

ルアーキャストウェイトの幅が

狭すぎる。

なんだろうね…

これおそらく復活したスカジット

デザインにも通じることだけど

ルアーキャストウェイトは表記上

ってだけなんだろうね。

自身で投げられるようならば

好きな重さのルアー投げなよ!

みたいな感じかな?

 

 

OEM先がZENAQで付け加えて

新家さんの好みでロッドの重量は

185gと重いです。

ですがこの重さは丈夫さを優先

させたもの。

少しぐらい乱雑(乱暴ではありません)

に扱って傷が入っても折れないように

するためですね。

 

 

どのロッドも面白そうではありますが

個人的に一番気になったのは

SIDEWINDER HGC-610MLXF

バーディックでしょうか。

おもしろそう!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2021 All Rights Reserved.