興味のあるネタ釣っていってね

訂正! 夢のMac mini 環境 

TOSHIOMAN
WRITER
 
mac
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

外付けeGPUはBlackmagic eGPU ProじゃなくてSonnet eGFX Breakaway Box 650に変更

 

Blackmagic eGPU ProはRadeon RX Vega 56のグラボを搭載してますが、Sonnet eGFX Breakaway Box 650はRadeon RX Vega 64 だろうがRadeon RX Vega 56だろうがNVIDIA  GEFORCEだろうが搭載可能だからです。でも、MacはNVIDIA  GEFORCEのサポートはしてないんですが。

この、Sonnet eGFX Breakaway Boxは電源によって箱の種類が3種類とデベロッパーエディションの計4種類にわかれています。

デベロッパーエディションにはRadeon RX 580が同梱されています。そして、電源によってeGPUのケースを選ぶようになるんですが、350Wモデルと550Wモデルと650Wモデルのうち550WモデルにはRadeon RX Vega 56がバンドル可能で650WモデルにはRadeon RX Vega 64 がバンドル可能です。

もちろん、eGPUのケース単体でも販売されております。狙い目としましては、新型Mac miniとSonnet eGFX Breakaway Box 650になります。それに別売でRadeon RX Vega 56もしくはRadeon RX Vega 64 を装着して使用することになります。好きなほうを入れて使用できるって良いですよね。

Blackmagic eGPU ProはRadeon RX Vega 56が搭載されていて変更はできないですから。その上が使用できる。

あ!私のMac miniのようにThunderbolt3が搭載されていないものを使用している方は購入してはいけませんよ。そもそも対応外ですので。

 

しかし、不思議なことに2009年を堺にAppleはNVIDIA  GEFORCEを採用しなくなってしまって、昔からMacを使ってきた身としましてはAMD RADEONしか選べない状況というのもなんだか寂しいような気もします。 昔は選べたんですよね。

まあ、このへんの事は色々あるんでしょうがね。

初代のMac proを使っていたときにハードディスクからSSDへの換装とグラボをNVIDIA  GeForceからAMD Radeonへ換装したことがありました。が、そのときにグラボが大きくて設置するときに凄く苦労したのを覚えています。そして、そのときに思ったことが、ハードディスクの外付けケースが販売されているんだからグラボ専用の外付けケースがあれば良いよな。と。

それが、現実になっている現在です。

どちらにしても、これからMac proとiMac pro以外を購入して使用していくとなるとモニターに映し出される映像に不満が出てくる事もあるかもしれません。その時にはSonnet eGFX Breakaway Box 650をBlackmagic eGPU ProもしくはBlackmagic eGPUとの競合相手に検討してみるのも悪くはないかと思います。

私なら黙ってSonnet eGFX Breakaway Box 650を選びますが。

海外のマカー(死語か?)にはツワモノもいるようです。

Sonnet eGFX Breakaway Box にNVIDIA  GeForceを装着してターミナルを弄りMacに認識させて動作させています。

これは非公式で自己責任でおこなっているものですが、OS 10.13.4で動作させているようです。

さらに、Windowsのゲーマー界隈では有名なNVIDIA  GeForce GTX1080 TiをBootCampでMac上で動作させているものもあります。

素晴らしいですね。どちらのグラボも悪くはないんですが、個人的にはMacでの標準搭載の多かったNVIDIA  GeForceが好きだったりもします。

デザイン上、でかいグラボが内蔵出来なくなって非力なグラボでMacを運用している現在です。かえって、内蔵しないで外付けっていう形が良いですよね。

みなさんも、外付けグラボケースの検討をしてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.