興味のあるネタ釣っていってね

渓流&本流ルアー DaiwaとSHIMANOのリールとロッドの新製品発表の後ろ側

アバター画像
WRITER
 
fishing-tackle
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

DaiwaとSHIMANOのリールとロッドの新製品発表の後ろ側でとても気になる両社のウェーダー GORE-TEX素材のウェーダーの値段が高騰だから次のウェーダー購入で心底悩んでいる…

 

SHIMANOとDaiwa

2つの巨塔のリールとロッドの新製品

発表で盛り上がっている。

 

 

確かに凄い。

オッ!!と思わせるロッドを両社共に

出してきているし両社共フラッグシップ

のスピニングリールをこぞったように

発表してきた。

 

 

だが私個人としてはそれどころでは

ない…

昨年の終わりに修理したとはいえ

すでに7年経過しているウェーダー。

 

 

そろそろ余裕をもって替えの

ウェーダーを用意しておきたい

ところだ。

経験上壊れるときは一気に壊れる

のだ。

特にシームテープかな…

貼っても貼っても追いつかなくなる。

 

 

とはいえ簡単に「はい!交換」とは

いかない値段になってきている

GORE-TEX素材のウェーダー。

有名所のSIMMSの一番良いウェーダー

は税込で125400円である。

 

 

どうせ藪こぎなどで穴が空いたり

すっ転んで破いたりするので一番

良いウェーダーなんて必要ないけど

ミドルクラスのウェーダーでも価格

が税込70400円である。

 

 

「そんな高額なウェーダーいらない

だろう!安いウェーダーを購入して

夏はウェットウェーディング仕様で

渓流ルアーをやればいいんだよ!」

 

 

と言われるかもしれないが

はるか昔にウェットウェーディング

で渓流ルアーをして毎回大変な目に

あっていたので個人的にウェット

ウェーディングは勘弁願いたい。

 

 

なので年中ウェーダーを履くので

蒸れなくて頑丈なウェーダーが

必要なんです。

それに中流と下流メインなので

生活排水とその他諸々の水質

というのもあってなおさらウェーダー

が良いという感じです。

 

 

そういう経緯で次に購入する

ウェーダーを狙っているのですが

一番の候補であるSIMMSの

TRIBUTARYウェーダーの入荷の報告

がだいぶ前から各ショップから

聞こえてこないんですよね…

 

 

TRIBUTARYウェーダーが発売に

なった時期が19年なのでもしか

するとSIMMSはスポット生産のみ

で残った在庫を売り切ったら廃盤

にしてしまうのかな?

などと心配にはなっています。

在庫を追加してくれるとありがたい

んですがね…

 

 

とりあえずいつ在庫が追加になる

のかもわからないので違う候補も

見繕っておかなければ!

ということで2巨塔の新製品ラッシュ

の後ろ側で密かにアップデートされた

ウェーダーです。

 

 

まずはSHIMANOウェーダーです。

 

fishing-tackle

fishing-tackle

fishing-tackle

fishing-tackle

fishing-tackle

出典:SHIMANO トップページ 製品情報 ウェーダー・フットウェア ウェーダー・タイツ ドライシールド+4 ストレッチウェーダー ストッキング[FF-002V]より引用

 

垢抜けましたよね!!

以前はもっさり感満載の黒しかなく

渓流&本流ルアー用に購入しよう

か?とは思えなかったんですが

今回のモデルは購入検討の対象に

入っています。

 

 

はるか遠くからみればもうSIMMSの

G4Zに見えるだろ!いや見ろ!思え!

 

 

SHIMANOのウェーダーで唯一

気に食わない部分がソックスの足の甲

の縦に貼ってあるシームテープ。

間違いなくシューズの中で動いて

擦れて剥がれそうですがこれも

対策してきているようですね。

自身満々で画像を提示しています。

ソックスの足の裏部分に滑り止め

が貼ってありますね。

 

 

それと大事なレイヤー数は

4レイヤーです。

(生地が薄いので多ければ

多いほどいい)

 

 

やるじゃないか!SHIMANO

だいぶ頑張ったね。

 

 

そしてDaiwaのウェーダーです。

 

fishing-tackle

fishing-tackle

fishing-tackle

fishing-tackle

出典:Daiwa HOME > 製品情報 > フットウエア > ウェーダー・ウェーディングシューズ > ナイロン系ストッキングウェーダー > ダイワ タイトフィット スーパーブレスストッキングウェーダー SBW-4003S(ソックス先丸)より引用

 

ウエアなどのデザインセンスの良さ

はさすがDaiwaです。

今回のモデルは膝の部分から

切り替えになっています。

前のモデルも悪くなかったんですが

さらにカッコいい見た目になって

いますね。

 

 

はるか遠くからみればもうSIMMSの

G3 GUIDEに見えるだろ!いや見ろ!

思え!

 

 

Daiwaの今回のウェーダーですが

今回のモデル凄く良さそう。

何より膝からの切り替えがまんま

SIMMSである。

そして大事なレイヤー数に至っては

5レイヤーと4レイヤーです。

もうこれは!という感じです。

 

 

ウェーダーの買い替え目前で心底

悩みまくっていますが2巨塔の新作

ウェーダーの密かなアップデートも

ありさらに迷っています。

 

 

今の所はこんな感じですかね。

①SIMMS TRIBUTARY 

②Rearth ストリームSウェーダー 

FWD8300

③Daiwa タイトフィット スーパー

ブレスストッキングウェーダー

SBW-4003S

④SHIMANO ドライシールド+4

ストレッチウェーダー ストッキング

ですね。

 

 

値段でSIMMSですがあとは生地が

GORE-TEXよりも薄いのでレイヤー数

が多いものから選んでいます。

さてどうしましょうかね…

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター画像
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2022 All Rights Reserved.