興味のあるネタ釣っていってね

渓流釣り終了になりました 毎シーズンなんか寂しい気持ちになる反面ホッとする

WRITER
 
fishing-neta
この記事を書いている人 - WRITER -
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

目標にしたサイズの40cm超えヤマメは釣れたが一番嬉しかったのはITO CRAFT BOWIE 50S PYGを釣ったこと

 

渓流シーズン最終日でしたが

相変わらず昔のようなガツガツ

した気持ちの盛り上がりもなく

二度寝からムギーと起き上がり

いつもの川にチンタラチンタラ

車で向かいました。

 

 

なんだか最近釣り熱というか…

やる気というか…あまりおきなくて

惰性でやっている感が…

釣れなくてボウズでもへっちゃら

ですしね…

まあ…こんな感じが割と良かったん

ですかね?

殺気が感じられない?

てけと~な人間が釣りをしている。

 

 

存在感がまるまる消えていて

立ち位置の石積みと同化していた。

ナチュラル石化けですか?

だから40cm超えのヤマメが釣れた。

なんか…こんな奴が40cm超えの

ヤマメを釣るってスイマセン感が

凄いです。

 

 

いつものようにこれまたグダグダ

と用意をして蜘蛛にゴメンナサイ

をしながら巣を破壊して川に

降りてポイントに到着すると

真新しい釣りの後がありました。

 

 

PEラインが2箇所に放置されて

いました。

1箇所なら持ち帰らないで捨てて

いったんだな!と思うんですが

少し下流側にもPEラインが放置

されています。

 

 

拾うのは当然として

「はて?どういうこと?」

と思いました。

考えながら川面を眺めていると

大きな赤い魚体とそれに寄り添う

でかいヤマメが視界に飛び込み

ました。

 

 

「あ~そういうことか!!」

どこかの誰かが大きな赤い魚体の

鱒を掛けていいようにのされて

普通ならめったに切れないPEライン

を沈み石に擦られてブレイクさせたと。

そして熱くなって傷のチェックをして

巻かれていたラインをある程度切って

結び直してその場に放置と。

 

 

って…

 

おい!持って帰れ!!

 

一応やる気は出てないけど

ゴミ拾いに来てるんじゃないんだ。

 

 

さもしい思いで確認でルアーを

投げてみると魚は完全無視です。

「やっぱりな!」

という感じです。

 

 

やっぱりトータルでのタックル

バランスって大事だなと思いました。

ぶっちゃけこの川でウルトラライト

パワーのロッドやスロー気味な

テーパーのロッドは無理だなと。

 

 

厚く重い流れで50cm超えの鱒が

掛かったらそりゃ~柔いタックル

じゃのされますって!

増水を味方にして下流から中流に

上ってくるんですから。

パワーが違う…

 

 

鱒を掛けてラインブレイクさせた

どこかの誰かは来シーズンまで

悶々として寝付きの悪い日を

過ごすんだろうな。

来シーズンとてつもないタックル

を持ち込んできたりして。

まさに過去の自分とまったく同じ。

そんなときもありました。

 

 

せっかくなのでお魚ウォッチです。

タンニン豊富で少し濁りの入った

水色ですが鱒の大きさと婚姻色が

はっきりわかります。

ペアになったでかいヤマメの大きさ

も40cmを超えているんでしょう。

並んだときに推測するに。

 

 

ときおり深場で産卵場所の砂を掘る

動きをするので移動しないでこの場

で産卵するんでしょうね。

ペアの様子を見ているとどうやら

鱒がメスでヤマメがオスでしょうか。

なんか良いもの見れました。

 

 

さて釣りの用意はしてしまっている

ので一応ヤマメは狙ってみます。

山の中の草の倒れた踏み跡が凄まじい

ので人の出入りは凄いですし先行者

川鵜のオンパレードでことごとく

目当てのポイントがありません…

 

 

今シーズンは人の多さよりも川鵜の

多さが目に付きます。

結構な数のヤマメが食われて

しまっているんだろうと思われます。

昨年とは状況が違いすぎるので…

 

 

なんとか川鵜が定位できないで

あろう少し流れの効いた深場が

あったのでそこにルアーをキャスト

しました。

そしてなんか違う感じのアタリでした

が無意識にアワセると…

 

 

違和感が。

なんかグニグニしてます。

魚が掛かっている感じではありません。

柔らかい何か?

リールを巻取りラインを張ります。

 

 

自分の投げたルアーにラインが

グシャグシャと絡まっているのが

見えました。

ということはその先にルアーが

付いたままということですね。

 

 

いつものようにフックを伸ばす

力のかけ具合で自分のラインを

ゆ~っくり引きます。

ポロッと外れる感じがして

フリーになったラインを回収

しました。

 

 

ナイロンラインでした。

しかもえらく長い…

もしかしてロッドから少し先の部分

で切ったのか…

(もう少し考えて切ろうよ!ね!)

そして先に付いていたルアーが

こちらです。

 

fishing-neta

 

ITO CRAFT BOWIE 50S PYG

良いルアーが釣れましたよ!!

今シーズンの最大金額のルアーです。

3500円なり。

使用感も少なめで鮮やかな

パーマークも残っています。

リップの欠損もありません。

まさに秋ルアーです。

 

 

シーズン終了最終日感無量です。

もう十分です。

思い残すことはありません。

 

 

車に戻り用意を片付けていると

軽トラックに乗ったおじさんに

話しかけられこれまたヘラヘラ

と話し込む私。

この川の新しいポイント情報を

ゲットしました!!

来シーズン行ってみましよう。

これだからヘラヘラ話すのが

やめられない。

 

 

良いシーズンでしたね。

終わりよければすべて良しです。

 

 

え?ヤマメですか?

釣ってないですね。

 

ボウズです!!

 

はい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2021 All Rights Reserved.