興味のあるネタ釣っていってね

渓流ベイト ABU2500C&2501Cに合うロッド かっこいいんだから!

TOSHIOMAN
WRITER
 
rod
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

渓流ベイトロッド フェルール仕様のバス用トップウォーターロッド Fenwickカームウォーター CWG54CLJ&CWG56CLJ

 

TIEMCOさんからFenwick製の

渓流ベイトロッドが来シーズン

に発売される予定ではあるん

ですが…

個人的にはこちらをおすすめ

しておきます。

3ピースとか5ピースのロッドって

そんなに必要ないような気が

しましてね。

(源流とか沢では必要ですが)

 

 

同じFenwick製ですがブラックバス

のトップウォーター用のロッドに

なります。

 

 

グラスとグラファイト(カーボン)の

ラインナップがありますが断然

おすすめはグラファイト(カーボン)

のほうです。

先重り感がないのでね。

 

 

長さは5フィート4インチの

CWG54CLJ

5フィート6インチの

CWG56CLJ

になります。

 

 

こちらがCWG54CLJです。

 

rod

出典:TIEMCOフェンウィックカームウォーターより引用

 

一般的なブランクスルーロッドでは

なくフェルール仕様のロッドに

なります。

 

 

同じ長さでグラスモデルもありますが

グラファイト(カーボン)モデルなので

ロッドの全重量は若干軽いです。

 

 

ルアーキャストウェイトは

3/16(5.3g)から1/2oz(14g)です。

ですがロッドのテーパーがテーパー

ですので5gよりも軽いルアーも

投げられるかもしれません。

 

 

ロッドのパワーはライトです。

そしてテーパーがミディアムスロー。

ミディアム=レギュラー

ロッドの中間からもう少しバット側

で曲がります。

胴調子と元調子のあいだ。

胴元調子といった感じでしょうかね。

 

 

そうは言っても…

「なんだかわかんねぇよ!」

と言われそうなので動画を見て下さい。

 

 

ライトパワーのロッドですがロッド

のテーパーがテーパーなので

渓流ベイトロッドとしても使える

と思います。

 

 

もう少し長いのが良い!

と言うならばこちら。

 

rod

出典:TIEMCOフェンウィックカームウォーターより引用

 

若干長めの5フィート6インチです。

先のCWG54CLJと同じで長さ違い

なだけですね。

たかだか5cmの違いですがロッド

の長さが長くなればパワーと

テーパーはよりマイルドに

なります。

 

 

あとは通う渓流で決めればいいかと

思います。

川幅のある渓流なのか?それとも

川幅が狭めの渓流なのか?

でしょうか。

 

 

テーパーがミディアムスローなので

トゥイッチがやりずらそう…

たしかに!

私も思いました。

 

 

動画の冒頭でトゥイッチっぽくロッド

を操作していますがどうですかね?

私は渓流でも使えると思った

んですが。 

 

 

あとロッドの詳細としては

こんな感じになります。

 

 

グラスモデルのカームウォーター

ですがオフセットグリップは

グラファイト(カーボン)モデルと

変わりないです。

違いは色ですかね。

 

 

できればオフセットグリップは人気

のあった白帯グリップ仕様で販売

してほしかったと思いますが

そこはそれなんでね…

 

 

この付属のオフセットグリップは

握りが太くて使いづらいという

方もいるので、その場合は

各社から販売されている

オフセットグリップで使用して

下さい。

Fenwickマニアからすれば邪道

ですが…

 

 

このロッドと組み合わせるライン

ですがPEラインがおすすめです。

 

ロッド全体が曲がるテーパー

なのであわせ(フッキング)の力が

フックまで伝わりづらい。

ですのでPEラインですね。

 

それとあわせ(フッキング)は

巻きあわせと掛けあわせの併用

ですね。

 

 

値段も手頃でしかもオフセット

グリップのフェルール仕様のロッド

です。

来シーズンの渓流ベイトロッドとして

検討してみてくださいね!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2020 All Rights Reserved.