興味のあるネタ釣っていってね

ABUリールパーツリスト リストがあれば自分でリールをバラすのも怖くないよ! オーバーホールしながら長く使ってあげよう

TOSHIOMAN
WRITER
 
リール
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

Abu Garciaリールパーツリスト  ABU5001C ABU5501C ABU4501C ABU 1601C IAR ABU2601C IAR Royal Express Record Revo LT&ALT ABU Cardinal 3&4

 

好きだから購入したABU社のリール。

 

 

ベイトにしろスピニングにしろ自分でオーバーホール出来たらな…

と思うことがあるかもしれません。

 

 

と言うか…リールを購入した方なら全員少しは考えますよね。

私も思いましたもの。

 

 

でも、一度もリールなんてバラした経験も無いわけですし

元に戻せなかったら…

と思うと怖いし気持ちが萎えますよね。

 

 

私も同じ思いをしたのでその気持ちは痛いほどわかります。

ですが、思い切ってやってみると案外出来るものなんですよ。

 

 

国産メーカーの2大巨頭のリールと違ってABUのリールは

ユーザーがリールをバラすことを拒んでいない。

これにつきます。

 

 

どういうこと?

と言いますと、隠しネジやややこしいリールの作りを

していないんですね。

 

 

ちゃんと分かりやすい場所にネジがついているし

リールの作りも単純です。

 

 

ですので、せっかく好きでABUのリールを購入したんですから

自分でリールのオーバーホールを出来るようになりましょう。

 

 

焦らなくていいんです。初めてのリールのオーバーホールです。

少しずつ進めて完成まで1ヶ月かかってもかまわないんです。

ゆっくり覚えることが大切です。

バラしてわからなくなりそうな部分はたくさん写真を

撮って下さい。

はじめからできる人間なんていませんから。

 

 

とはいえ、リールのオーバーホールの教科書となるパーツリスト

がないとはじめられませんね。

 

 

新品で購入するならともかく生産終了したリールや海外並行輸入品の

リールが流通しているABU

そうなってくると箱や付属のパーツリストがなくリール単体しかない…

こんな場合につかえるリンクをみなさんへ

 

 

 

 

 

Abu Garciaリールパーツリストリンク

 

まず現行のラインナップから消えてしまったRevoシリーズ、

ambassadeurクラシックシリーズ、Morrumシリーズは

ピュアフィッシングさんからダウンロードして印刷して

オーバーホールのときに使って下さい。

GO

 

 

次にABU 1601C IAR、ABU 2601C IAR、ABU 4501C IARは

Availさんでダウンロードして印刷して

オーバーホールのときに使って下さい。

GO

 

 

さらにABU 5001CやRoyal Express、Cardinal、C4、C3、Recordその他は

Abu Garciaの本国サイトからダウンロードして印刷して

オーバーホールのときに使って下さい。

GO

 

 

Abu Garciaの本国サイトのリンクはAvailさんでもリンクを

貼っていてくれていますが、英語表記を見ただけで

「うあ~!」となってしまう方もいるかもしれませんので、

直接いけるようにしておきました。

 

 

軽く使い方も記載しておきます。

スクロールで探す。

 

reel

 

reel

 

reel

 

reel

 

reel

 

ありますね!

歴代の名機たちから並行輸入品で流通しているものまで。

 

 

ただし量が膨大のため目が疲れるかと思います。

そんなときはSEARCHを使ってください。

 

reel

 

おいおい!

どこに入力するんだよ…

ですよね。

 

 

たしかに!

分かりづらいんですがSEARCHの左に入力します。

 

reel

 

こんなふうにね。

そうすると一発で検索できます。

 

reel

 

ちなみに左の1番上が70年代の山型5001Cで3番目が80年代の

ナベ5001Cです。

 

 

パーツリストさえ手に入ればこっちのもんです。

あとはゆっくり愛機をバラして下さいね。

 

 

あと日本語字幕などはありませんがABUの歴史みたいな

映像がありました。

ダラダラとながら観すると古いABUのリールが出てきて

感慨深いものがありました。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.