興味のあるネタ釣っていってね

EV車もここまできたのか!!知らない間に進んでいるんだな…現実的ではないが夢があっていいよな

TOSHIOMAN
WRITER
 
car
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

初めてTESLAを間近で目撃した日から気になる存在のEV車 日産もリーフ・ニスモRC2で頑張ってはいるんだが…

 

初めてEV車のTESLA Model Sを見たときの

衝撃たるや…凄かった。

 

 

信号待ちで停車しているModel Sの後ろに

つけたときでした。

「あれ…なんか変…マフラーの出口がない」

「なんだ?この車?」

「TESLA?」

「初めて見る車だ!」

「あれ…そう言えばアイドリング音もしないな?」

 

 

信号が変わりModel Sが発進。

もちろん無音のまま加速していきます。

「???」です。

しばらく走りまた信号で停車。

もう一度Model Sの後ろにつけました。

「あ!!思い出した。なにかで知ったな」

「TESLAってEV車を作るメーカーがあった」

「それがこの車か!!」

「確かそうとうハイパワーなEVユニットを積んでいるはず」

 

 

信号が変わりModel Sが発進。

今度は前方が空いていたので先程よりも加速していきます。

「はえ~!!しかもキーンとな…飛行機みたいだ」

「初めて見たけどいろいろ凄いな」

これがハイパワーEV車を初めて見たときの私でした。

 

ちなみに私が見たTESLA Model Sはこちら。

 

 

家に戻りネットで調べるとま~凄い…

車も凄いがお値段も。

まさに夢だわ…これは…

 

 

それからしばらくして見たものは

シボレーが作ったドラッグ用のEVカマロ。

 

 

TESLAのModel Sも凄いと思ったが

それ以上です。

もちろんドラッグ専用とはなっていますが。

となりのC-1500改も凄いんだろうけど

それを軽々凌駕してしまっています。

 

 

そして最近また見たものは

フォードが作ったオールラウンドの

ハイパワーEVスポーツ車。

 

 

なんだかとてつもないことになっています。

キーンという音の衝撃。

EV車でスポーツ走行。

ここまできているんですね。

 

 

じゃあ日本はどうだ?というと

唯一EV車を販売している日産ですね。

 

 

いろいろありますが日産には頑張ってほしいです。

とりあえず市販車から頑張ってみようか…

 

 

EVハイパワースポーツカー夢はあっていいと思います。

でもまだまだ現実的じゃないかな。

現実的にいくならこのくらいかな。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2020 All Rights Reserved.