興味のあるネタ釣っていってね

渓流&本流のトラウトルアーアングラーへ 魚と一緒に記念撮影するときに注意すること それはダメです!

TOSHIOMAN
WRITER
 
reel
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

少し前に増水&ダム放水中の河川に釣りに行き、下流で尺山女魚が釣れて「これは!」と、思い上流にも足をのばしました。

いつもの上流のポイントでしたが、そこはダム放水中なので少し流れも速く水量も多かったです。

渡渉できないほどの流れと水量ではなかったので無理やり川を渡りお気に入りのポイントに向かいました。

いくつかのポイント撃ち、次のポイントに向かうのに移動していたときでした。

そこはウェーダー履きでも無理な水深があり、沈み石に足をのせて辛うじてやり過ごして移動する場所でした。

沈み石に足をのせて体重をかけた瞬間です。

石に泥がかぶりすぎていたんでしょう。

「ズルッ」と足が滑り、肩まで水に水没してしまいました。

幸い腰のベルトはキッチリ締めていたので、ウェーダーの中にはそれほど水は入ってこなかったんですが、リールは水の中に完全水没しました。

とりあえず、引き返して陸にあがりベルトを外してウェーダーの中の水を抜いてリールの水をきりました。

そして思いました。水没したリールってグリスとかオイルはどうなるんだろう?と。

 

水没させたリールをすべてバラしてみた

 

reel

洗浄してしまった後のものですが、水没したことによりグリスやオイルが流れてリールは汚かったです。

好みにもよりますが、私は軽い巻き心地が好みなのでグリスは薄く散布します。

メインギアとピニオンギアとウォームシャフトにはグリスが少し残っていましたが他の部分は流れてしまったようです。

reel

フレームには何もついていない状態までバラしました。

オイルとグリスが流れて左側のクラッチのスライドワッシャーがギトギトしていました。

reel

マグネットブレーキの調整ダイヤルは砂が噛んだのかある部分でジャリっと音がしました。

スプールシャフトの両端のセラミックボールベアリングは注していたオイルがフィネス用のサラサラしたオイルなので油分は流れていました。

ドライブシャフト下部、ウォームシャフト両端、ピニオンギアのシールドベアリングは乾燥して回転をみましたが中のグリスはまだ残っているようでした。ですのでそのまま。

reel

IARのワンウェイベアリング部分も砂が噛んでいると嫌なので洗浄しました。

ハンドルの内部のベアリングもシールドベアリングですが、ここも回転は悪くないようなのでそのままです。

reel

ピニオンヨークにもグリスが少し残っていました。

大事な可動部には多めにグリスを散布していたのが良かったようです。

ヨークホルダー、リフト、キックレバーなどのプラスチックパーツも可動部品ですので薄くグリスを散布していますが、これは全て流れて油分はありませんでした。

賛否両論ありますが、私はプラスチックパーツの可動部品にもグリスは散布します。

 スペック  危険物第4類第4石油類該当

       主な成分 オリジナル100%化学合成ギアグリス

      ※下記のような成分は一切含まれておりませんのでご安心下さい

        樹脂やゴムを劣化させる有機溶剤分や空気中の水分と容易に化学反応して変質するエステル系オイル・添加剤
        発がん物質として医学的に認定されている、車用ギアーオイルの減磨耗剤
        高温になると分解変質して毒性ガスを発生する(指に付着したままタバコを吸うなど)フッ素系オイル
        金属潤滑性がほとんど無いシリコングリス類
        低温状態で流動性が著しく低下する安価なエンジンオイル添加剤
        金属摩擦分野において化学的根拠のないテフロンその他の添加剤は一切使用しておりません

IOSファクトリーギアグリスより引用

 

reel

洗浄力は少し弱いんですがプラスチックパーツにも安心して使えるのでこれを愛用しています。

自作PCを組んでいる方は結構使用しています。なので、それほど繊細ではないリールにはもってこいかと。

ただ、何度も言います。洗浄力は弱いです。

reel

間の作業画像はありません。スミマセン。手がグリスとオイルまみれでギトギト、ベタベタですので…

安定のABUです。部品があまります。不足しているよりはいいんですが、初めてABUのリールをバラす方は焦るかもしれません。

ですが、これがABUリールのデフォルトです。生産国も関係ありません。どちらの国で生産したリールでもおこります。

ちなみにチェックメイト(パイロットガイド)の下部のワッシャーとレベルワインダーチューブブレーキ側に入るワッシャーです。

いつものしっとり軽い巻き心地のリールに戻せました。

*ソルトでの使用にはまた違うグリスやオイルの散布方法があります。あちらは使用後に真水でリールを洗いますのでそれなりの散布方法です。

 

水没させたリールをオーバーホールしてみてわかったこと

 

•オイルとグリスは水で意外と流れてしまう

•オイルとグリスが流れてリールのボディに付いたままだと汚くなる

•砂やジャリがリールの部品に噛むこともある

•スプール両端のベアリングはオイルが切れてもドライ状態で使用できるセラミックボールベアリングが良い(砂やジャリが噛まなければ)

 

私はリールを水に浸して魚と並べて写真を撮ったことはありませんが(BLACK9のときの写真は細心の注意をはらいました)

今回、初めてリールを水没させてしまってわかりました。

リールのグリスとオイルは水に流れます。

 

みなさんの動画や画像でリールを水に浸して魚と並べて写しているものが時々見られますし、見せて頂いていますがリールを水に浸したり水につけてしまったりすることは辞めたほうがいいです。

これからの季節は大物が出ます。

リールは水につけたり浸したりしないようにしてメモリアルフィッシュと記念撮影して下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.