興味のあるネタ釣っていってね

Macを快適に使うためにEIZO&REALFORCE&Logicool&SteelSeries&FILCOを投入してみたよ

TOSHIOMAN
WRITER
 
mac
この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

ディスプレイ2枚 キーボード マウス マウスパッド リストレスト購入 EIZO REALFORCE Logicool SteelSeries FILCO

 

前のMacの環境からだいぶ変わりました。

変わった訳は冷蔵庫が始まりで、

現在もテレビという爆弾を抱えています。

 

 

テレビは現在も左端に上から下まで線が入るようになりました。

しばらくすると線は消えます。

そのうち線が入っている部分は全部映らなくなってしまうんでしょうか…

 

 

ある日の朝、冷蔵庫から「パチ」っという音が

してその音の後から冷蔵庫が冷えなくなりました。

幸いまだ寒い時期だったので中の食品はダメに

ならずに済んだんですが自分の中では結構ショックでした。

もう少し使えるかな…と思ってもいましたし。

 

 

壊れてしまったものはどうしようもありませんので

新品で冷蔵庫を購入しました。

140Lクラスの小型冷蔵庫ですが、

リサイクル処分から新品の設置まで案外大変でした。

 

 

冷蔵庫が新品になってホッとしたのも束の間でした。

 

 

「あれ…Thunderbolt Displayの右上が暗い…」

嘘だろ…今度はディスプレイかよぉ〜

 

 

バックライトはLEDなので切れるはずはないので

接続部分か配線??

 

 

暗くはなるけど他の部分のバックライトの

照度を上げればなんとか使えるかな?

 

 

「いや、無理!!」

 

 

暗い部分がやっぱり気になってしまうし右上という場所もよくない。

 

 

しかし購入してから8年か〜

長いのか?短いのか?個人的にはもう少し頑張ってほしかったような…

いや、妥当な年数なのか…よくわかりません。

ですが、いきなり壊れるのはショックだな…

 

 

壊れたのはやっぱりショックですが、

ここは前向きに新しいディスプレイを購入にむけて検討します。

 

 

Appleブランドのディスプレイはもう作っていないし

販売していないのでどうするか?

 

 

Thunderbolt Displayの新品デッドストック。

2016年に販売終了したものだしメーカーサポートももう無いよな…

 

 

現行だとLG製の5Kディスプレイか…

私の用途で4K、5Kはいらないよな…

WQHDで十分だしな。

それにノングレア液晶が良いな。

 

 

おもいきってiMac…無いな。

噂じゃあ新型のThunderbolt Displayが出そうだと言うけど、

今の今だしなぁ〜

さて、どうするか…

 

 

とりあえずこんな感じになりました。

 

mac

 

「おい!片方のディスプレイにケーブル繋がってないぞ」のツッコミは後ほどで。

 

mac

 

ディスプレイ EIZO FORIS 27インチ EIZO FlexScan 27インチ

 

ディスプレイは散々迷いましたが、

元々欲しいなと思っていたこともありEIZO(ナナオ)にしました。

 

 

FORIS FS2735最近出たディスプレイではなく

発売時期は案外と古いんですが、

お安くなっていたこともありこれにしました。

 

 

2560×1440のWQHDでIPSパネルのノングレア液晶です。

そして、144Hz入力のできるゲーミングモニターでもあります。

 

 

「おまえゲームなんかやらないだろ!!」

というツッコミは後ほどで。

 

 

もう一つのディスプレイは

FlexScan EV2780です。

こちらも最近出たディスプレイではなく販売時期は案外古いです。

ですので、やっぱりお安くなっていました。

2560×1440のWQHDでIPSパネルのノングレア液晶です。

 

 

初めて購入したディスプレイがApple Studio Displayの19インチ。

長年の使用によりドット異常とバックライト切れになりお役御免。

 

 

次につなぎでApple Cinema Displayの23インチの中古。

これは初代のMac proと共に

「欲しい」

と言った友人がいたので売却。

 

 

そして2012年にMac mini serverと一緒に

Thunderbolt Display 27インチを購入。

 

 

と、きているのでディスプレイサイズをおとすのは

自分的に納得がいかないので27インチになりました。

 

 

それとデュアルディスプレイ環境に凄く憧れもあったし、

縦画面のディスプレイ表示があればなぁ〜

 

 

という事が何度もあったので今回は頑張ってみました。

(ディスプレイは購入してしまえば壊れるまで使うし懐事情的にも)

 

 

私は電化製品の購入店に関して拘りの無い人間です。

(冷蔵庫は内部が見たかったので近くの電気店で購入)

初期不良対応さえしてもらえばネット購入でも構わないのです。

実店舗で購入しても配送になるだろうし

運送会社次第だと思っていますので。

 

 

なんて思っていましたら、大当りしました。

 

mac

 

ディスプレイの左端映っていないよ…

 

mac

 

ディスプレイ下部に端から端まで線が入っているよ…

 

mac

 

なんだろう?何か当たった?それとも圧迫?

 

 

私がディスプレイを購入してきたなかで初めての経験です。

どちらも違う運送会社で届きましたが、

やっぱり運送会社次第ですね。

初期不良なので問い合わせして問題なく新品に交換してもらいました。

 

 

無事に2枚のディスプレイが揃ったところで

恒例のドット抜けチェックです。

 

 

今まで新品ディスプレイ購入時にドット抜けのディスプレイに

当たった事がなかったんですが、

今回は初期不良もあったので少しドキドキしました。

 

 

結果、今回も

 

 

「ドット抜けナシ」

 

 

良かった〜

 

 

寝る以外は案外パソコンに向かっている時間が長いので、

奮発して目に優しいディスプレイを購入できたので結果良かったです。

 

 

別に高額なEIZOでなくても構わなかったかもしれませんが、

後になって安物ディスプレイ購入で納得がいかず買い替えとか、

やっぱりEIZO買っておけばよかった…

とか、後で後悔するなら最初から良い物を購入して長く使えばいいかなと。

 

 

あと、高額なディスプレイを購入して使う場合は

モニターアームもあったほうがいいかもしれません。

 

 

私はモニターアームはまだ取り付けられていませんが、

カッコよさとデスクを広く使うこと以外にもう一つ

モニターアームには意味が有ると思っています。

 

 

それは地震対策です。

倒壊や上から物が落ちてくるのはアウトですが、

デスクからモニターが落ちたり倒れたりするのには

有効にモニターアームが働くと思います。

 

 

私もモニターアームの検討はしているところです。

高額でも信頼の有るエルゴトロンなのかな…

安物買いの銭失いは嫌だから…

 

 

もう少しモニターアームは検討してみます。

 

EIZO FORIS FS2735

楽天市場でFS2735を検索

yahooショッピングでFS2735を検索

 

EIZO FlexScan EV2780

楽天市場でEV2780を検索

yahooショッピングでEV2780を検索

 

 

 

 

 

キーボード 東プレ REALFORCE R2 テンキーレス 英語配列 PFU Limited Edition

 

ディスプレイを購入したらキーボードも交換したくなりました。

 

 

Apple純正の英語配列テンキー付き有線モデル。

お世辞にもペチペチと打ち心地の良いキーボードではありません。

デザインで購入するキーボードです。

 

 

でもですね、昔のAppleのキーボードって案外悪くなかったんですよ!

昔といってもPower Mac G5までのキーストロークが深い純正キーボードですね。

必要にして十分な使い心地で良かったです。

この後からでしょうかね、デザイン優先になってしまったのは。

 

 

このキーボードもMac miniやThunderbolt Displayと一緒に

購入したので汚れが目立つようになってきました。

チャタリングはまだおきてないし汚れさえ

気にしなければまだまだ使えるんですが思い立ったら今です。

 

 

購入しないまでも以前からキーボードも検討をしてはいましたので迷いません。

東プレ REALFORCE R2 テンキーレス英語配列のPFU Limited Editionです。

 

 

色はカッコよさならブラックですが、

暗い場所にデスクが設置してあるのでアイボリーにしました。

 

 

完璧なブラインドタッチはまだまだですし、

記号入力の表示がブラックだと見づらいので…

 

 

早く完璧にブラインドタッチが出来るようになりたいものです。

でも黒はカッコイイんですよね。

 

 

黒で文字印刷が白なら良かったんですが、

あれは完璧にブラインドタッチの出来る方向けなんでしょうね。

 

 

納得できず悪あがきしてゲーミングのREALFORCE RGBを

光らせないで使えばいいかな?

と思いましたがキーボードの打ち心地が

普通のREALFORCEと違うというレビューを見て断念。

 

mac

 

楽天市場でREALFORCE PFUを検索

yahooショッピングでREALFORCE PFUを検索

 

 

キー配列の日本語配列と英語配列ですが、

私は最初から英語配列を使っていたので

今回購入するキーボードも英語配列にしました。

 

 

Appleストアがなくて電話でMacを購入していた頃に

英語配列のキーボードがあるのを

Appleテレセールスの担当さんから教えて頂きました。

「キーボードはUSとJISどちらにしますか?」

という感じでした。

 

 

当時の私は単純な理由でアメリカのメーカーだからキーボードもUSだろう!

と、英語配列を選んできました。

現在まで英語配列のキーボードできましたが

特に不便を感じたことはありません。

 

 

日本語配列と英語配列のキーボードに

関してめぐみさんがなるほど!

という話をされていますので

興味があればこちらで

 

 

私がこのキーボードを選んだのは

有線でキー押下圧45gそして英語配列があるからです。

 

 

PFUのHHKBシリーズだとキー押下圧45gで

同じなんですがキー配置が少し特殊になっているので見送りました。

 

 

PFUだとキー押下圧は45g(何故かMac用は55g)

でほぼ固定になっていますが、

東プレ REALFORCEだとキー押下圧が4種類から選べます。

 

 

変荷重(55g〜30gの押下圧)、30g、45g、55gです。

男性の場合は45gか55gあたりで選んでいけば大丈夫かと思います。

 

 

30gは女性にはいいんじゃないでしょうか。

変荷重は大量に文字入力をする方へですかね。

 

 

ゲームから文字入力までオールマイティーに

使うと考えるとキー押下圧は45gのモデルを選べば大丈夫だと思います。

 

 

手の握力もありおそらく指の力も強い。

ですと、キー押下圧55gでもいいかと思いましたが

間をとって45gにしました。

 

 

軽くもなく重くもなく絶妙で丁度良かったです。

多分45gで丁度なので55gにしていたら大変だったかもしれません。

 

 

それとこのキーボードはMac専用ではなくWindows用

なのでドライバーは使用できません。

 

 

ドライバーが使用できないと、

このキーボードのAPCが利用できないんですね。

 

 

APCとはキー入力時のストローク量を任意に設定できる機能ですね。

しかしこのキーボードWindows用で

Macでは使えないということもありません。

 

 

確かにドライバーはMacにはインストールできませんが、

MacにはMacの標準のキーボードドライバーがOSにインストールされていますので。

 

 

キーボードをUSBで接続すればドライバーが

立ち上がりますので設定すれば普通に使えます。

 

 

コマンドキーがWindowsキーになります。

あとは修復キーの設定で少しだけ変更可能です。

 

 

俺はそれじゃ嫌だ!!

という場合はPFUからMac専用の有線キーボードも販売されています。

 

 

PFUはこちら

 

 

上記のキーボードだとMac専用のキー配列です。

キー押下圧は55gです(何故Mac用だけ55g?)

ですが、こちらはPFUの製品です。

専用のドライバーも付属します。

Apple純正のキーボードを購入するよりもキーの押し心地は良いと思います。

 

 

55g表記のPFUダイレクトのページこちら

 

 

キー押下圧が55gじゃあ…

という場合は、

東プレREALFORCEよりMac専用キーボードが発売されています。

 

 

東プレ REALFORCEはこちら

 

 

発売前のときのモニターレビューを瀬戸さんがしておられます。

(現在は発売しています)

 

 

やはりキー押下圧が30gでは軽すぎるようです…

Mac専用品なのでドライバーをインストールして、

APCは一番深い3mmで使用されていますね。

 

マウス Logicool ゲーミングマウス G300Sr

 

キーボードを新調したんですからマウスも一緒に新調しました。

 

 

使用していたマウスはAppleのMighty Mouseです。

このマウスはスクロールボールに埃がたまり挙動がおかしくなります。

 

 

私も8年で3コ使用しました。

強者はMighty Mouseを分解してスクロールボールを

掃除して両面テープで固定して使用します。

私は面倒くさいのでやりませんでした。

 

 

「わかっているなら違うマウス買えばいいじゃん!」

と言われますが、

キーボードがデザイン優先で購入していることもあり

マウスのみサードパーティ製品

という訳には自分的に納得出来なかったから純正品を買い続けました。

 

 

今回はキーボードもサードパーティ製品を購入したことですし

マウスもサードパーティ製品を購入しました。

 

mac

 

楽天市場でG300Srを検索

yahooショッピングでG300Srを検索

 

 

「お前先に言ってたのと違うの買ってるじゃん!」

はい…

違うのを購入しました。

 

 

先に良いなと思っていたのはロジクールのMX ERGOでした。

途中で自分で色々と思うところもありMX ERGOではなくG300Srになりました。

 

 

理由はとても簡単です。

使いやすい位置にボタンが沢山付いているからです。

 

 

あと、私はまだ設定していませんがそれぞれのモード毎に

マウスのボタンの設定ができる事ですね。

 

 

例えばwebを見るとき用、adobe製品を使うとき用、

その他の作業のとき用。

と3つのモードを設定しておけます。

そしてワンタッチで切り替え可能です。

 

 

Mighty Mouseもボタンが沢山あり設定はできましたが、

いかんせボタンの配置がダメでした。

何故この場所にボタンを配置する?

といった感じでしたので、

普通の2ボタンマウスの設定で使用していました。

 

 

私の簡単な設定ですと右左ボタンは通常で、

右の小さいボタンにwebの進むと戻る、

スクロールホイールを押し込んだ時にDelete、

左の小さいボタンにコピーとペーストです。

これは、これから色々変更になるかもしれませんが…

 

 

正式にMacにも対応しているので、

マウスのドライバーもダウンロードしてインストールできます。

このドライバーから細かな設定ができます。

もちろんゲーミングマウスの名前のとおりゲームに使うのに最適です。

値段も安いのでとりあえずMacでも使えるマウスとしては凄くオススメです。

 

 

 

 

 

マウスパッド SteelSeries Qck mini

 

マウスパッドは以前に使っていたものがダメになってしまったので、

簡易的に持ち歩きに使っている小さくて安いMac book pro用の

マウスパッドを引っ張り出して使用していました。

 

 

いずれちゃんとしたマウスパッドを

購入しようと思っていたので良い機会でした。

 

 

マウスパッドに拘りはありませんが…

ゲーミング用のものを購入してみました。

 

mac

 

mac

 

楽天市場でSteelSeries QcK miniを検索

yahooショッピングでSteelSeries QcK miniを検索

 

 

ロジクールのゲーミングマウスを購入したので、

マウスパッドもロジクールにしようかと思いましたが

別のメーカーの物にしました。

 

 

ゲームはやっていませんがこのマウスパッドはゲーミング用です。

webでゲーミングマウスパッドで検索したら出てきた評判の良いマウスパッドです。

 

 

ゲーミングマウスパッドなのでサイズもキーボードごとおいておける

巨大なサイズから私の購入した小さいサイズまで各種のラインナップがあります。

 

 

サイズは25cmX21cmで厚さは0.2cmの表記になっていますが、

おそらくベースのラバーの上の布部分の厚さです。

全体の厚みは程よくあります。

 

 

私はデスクで簡単な書類の記入もするのでサイズは一番小さい物を購入しましたが、

余裕があれば大きなサイズを購入しても不満はないかと思います。

 

 

私も初めてゲーミングマウスパッドを購入しましたがこれがなかなか使い心地も良いです。

ラインナップ中で一番小さなサイズですが大きさも申し分なくマウスの反応も良いです。

 

 

これからも同じものを購入し続けたいな。

と思えるような製品でした。

 

リストレスト FILCO  Majestouch  マカロン Mサイズ 17mm厚タイプ アッシュ

 

 

Apple純正の薄いペチペチのキーボードならばリストレストなんていらないんですが、

今回購入したREALFORCE R2じゃあそういう訳にもいきません。

 

 

手首からキーボードに角度がつき過ぎます。

これは頂けません…

 

 

webでリストレストで検索すると出てくるのは

FILCO製の中でも天然木のウッドのものばかりです。

 

 

確かに良いんでしょうね。

私も購入しようかと思いレビューを眺めていましたら、

一人重要なレビューをされている方がおりました。

REALFORCEと合わせるとキーボードとリストレストに段差ができると。

 

 

あぶない あぶない…注文するところでした。

で、気になって私なりに調べてみました。

そしたらありましたね。大事な部分を記載しているページが。

 

 

FILCOのリストレストです。こちら

 

 

どうやらウッドの裏に貼る滑り止めのPORONが厚さ2mmの物が付属しているタイプ、

もしくは別に厚さ2mmのPORONを購入しないと

REALFORCEとリストレストがツライチにならないと。

なるほど!

 

 

でもページの画像はそれでもツライチにはなっていないような… 

まあ、簡単にいえばネットでFILCOのウッドリストレストを購入しても

そのままではREALFORCEでは使えないと。

それを解消する為には別にダイヤテックさんから

厚さ2mmのPORONを購入しなければならないと。

 

 

う〜ん…面倒です…

他に何かないかなと探してみましたら

こちらを見つけました。

 

mac

 

FILCO製ですがウッドではなくウレタンフォームの物です。

 

mac

 

色は全6色から選べます。

サイズは S(305mm)M(365mm)L(445mm)

厚さは12mmの薄型タイプと17mmの厚型タイプになります。

 

 

REALFORCEと合わせるにはテンキー無しが

Mサイズでテンキー付きがLサイズになります。

SサイズはPFUのキーボードですね。

 

 

これを選んだのは机上の空論でいけるだろうと思ったので購入しました。

同じFILCOのウッドリストレストが厚さ2mmのPORONで少しだけ高いくらいで

セット出来ている画像を参考にウッドリストレスト全体の高さが

PORON4mmを含んで20mmだったので、

REALFORCEで使う場合の推奨PORONが2mm。

20mmから2mmを引くと18mm。

参考画像はそれでも少しだけリストレストが高く見える。

じゃあ17mmでいけるんじゃないかと。

 

mac

 

バッチリでした!!ツライチにできました。

自分的に理想通りです。

 

mac

 

こちらのリストレストの方がウッドリストレストよりも段差がなくて使いやすいと思います。

 

 

まあ手触りに関しては人それぞれですが、

私個人だと問題ないし別段手触りも悪くありません。

 

 

滑りやすさに関してもウッドリストレストを

販売している同じメーカーの商品ですので悪いはずはありませんね。

私も調子にのってストック分として同じものをもう一つ購入してしまったくらいですので…

 

 

REALFORCEでのリストレスト購入はウッドタイプではなく、

キーボードの高さとツライチに出来るこちらがオススメです。

 

楽天市場でFILCO マカロンを検索

yahooショッピングでFILCO マカロンを検索

 

 

このような感じに変わりましたがMacを使用しているみなさんで

Apple純正品ではなくてサードパーティ製品を使いたい場合の参考になればと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
TOSHIOMAN
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2019 All Rights Reserved.