興味のあるネタ釣っていってね

渓流釣り車のタイヤが減ったので購入を検討中 OPEN COUNTRY R/Tってどう?

Avatar photo
WRITER
 
car
この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

最近みんなが履いてるオフタイヤOPEN COUNTRY R/T良さそうだと思うけどやっぱ減りは早いんだよね!?たぶん… そうなるとまたNANKANG FT-9が最適なのかな…

 

ちょい上げにオフタイヤ装着。

最近はファッション感覚のカスタム

なんだろうけど私の場合は実用面で

これをしています。

 

 

車はエブリイですがキャブオーバー

ということで腹下が低いんです。

その腹下の低いことからくる一番

引っ掛かりやすい箇所がミッション

メンバー。

 

 

実家で農作業で使っていたキャリィ

のミッションメンバーも親父が

引っ掛けて壊しています。

 

 

改めて17エブリイの腹下を覗くと

ミッションメンバーが一番低いわけ

ではありませんがだいたい車の真ん中

ということでデコボコ道を突破

しようとするとこの周辺が擦ります。

 

 

そのために少しだけ車高を上げています。

そしてオフタイヤの装着です。

これは車高を上げるためとタイヤの

サイドウォールを切れないように

するためです。

 

 

尖った落石や木の根でタイヤのサイド

ウォールを山の中で切ってしまって

パンクすると悲惨なことになります。

ランクル時代に経験済み。

 

 

釣りに行ったのに山の中でタイヤ交換

ですからね…

汗だくになるし蚊に刺されるし重いし

疲れるし最悪でした…

 

 

こんなの二度とごめんです。

なのでタイヤはできるだけ頑丈なもの

を履くようにしています。

必然的にオフタイヤです。

 

 

そうは言っても釣りメインだから

どうせたいしたことないような林道

ばっかり走るんだろ!

と思われるかもしれませんが意外と

釣りメインだからこそ無茶をして

しまうというか…

 

car

 

そういう用途で作った車ですのでキズ

は気にしないことにしています。

今年車検を受けたんですがハイルーフ

の両側面に前から後ろまでついていた

キズは車屋さんがサービスで消して

くれました。

倒木の下を無理やり突破しました。

これは今シーズンにできたキズです。

 

 

イワナ釣りに行って車で行ける限界

から釣り上がろうとしたんですけど

豪雪地帯の川だったので道が酷い

有様でした。

 

 

途中の道が数か所なくなってとりあえず

補修した箇所を無理やり突破したら

こうなっていました。

最終的には増水の影響で橋が流されて

なくなっていました。

 

 

車の足元はおろかボディの擦り傷も

凄いことになっています。

道の両端から伸びるガサ藪の木に

擦りまくりましたので。

ランクルはもっと酷かった…(遠い目)

 

 

そんなこんなでだいぶ働いてくれた

タイヤなんですが溝がすり減り終わり

が近いです。

新しいものと交換しなければいけません。

 

 

タイヤサイズ的には選択肢が多くない

んですが気になるタイヤが!

TOYOタイヤのOPEN COUNTRY R/T

ですね。

最近みんな履いているみたい。

 

 

これどうなんだろう?

個人的に一番気になるのはタイヤの

サイドウォールの頑丈さ。

ちょっと調べたら動画がありました。

 

 

サイドウォールが硬い=ワイヤーが

いっぱい入っているですね。

結構頑丈そうですね。

ブロックパターンもM/TとA/Tの

いいとこ取りで悪くなさそうです。

 

 

問題はタイヤの減りかな…

良いことしか書いていないネット情報

の中でも数件減りが早いとの情報も

あるんだけどどうなんだろな~

店に行って一度ブロックパターンを

摘んで触ってきたほうがいいよね。

 

 

あまりにも柔らかくて減りそうなら

またNANKANG FT-9を履かせるほうが

いいのかな。

減りにくいのはわかっているしね。

 

 

ちなみにエブリイ新車購入時に同時

に購入して現在43000kmです。

タイヤはもう少し使えそうです。

(減りにくさはBFGoodrich並みか)

 

 

台湾メーカーでタイヤのバランスが

酷いけど減りにくいのは凄く良い

のだ!財布にやさしい。

(BFGoodrichのB級品に近い)

 

 

TOYO OPEN COUNTRY R/Tと

NANKANG FT-9さてどっちを購入

するか…

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Avatar photo
お陰様&お互い様をモットーに生きてます
詳しいプロフィールはこちら

Copyright© TOSHIOMANが釣る , 2022 All Rights Reserved.